PR

運動会応援メッセージを書こう!保育園の年齢別例文!

保育園と幼稚園の運動会では何が違うのでしょうか?違いによって応援メッセージにも差は出てくるのでしょうか?

簡単に違いを比べてみましょう。

保育園と幼稚園では運動会の時間帯が違います。保育園は乳児もいるため、午前中で終了というところが多いのです。お昼を食べて解散ですね。

幼稚園は午後もあり15:00くらいまで続きます。

保育園では、共働きのご家庭が多いので、天候に左右されない体育館などで開催されるようです。保育士の目の届く範囲で行われるという理由もあります。

幼稚園では保護者の方も一緒になって運動会の準備を行いますが、保育園では保育士だけのことが多いのです。テント設置などはお父様にお声がけするケースもあるようです。

場所も広くないので、朝からの場所とりは保育園の方が熾烈を極めます。

この記事では保育園での応援メッセージについて書いていきます。この記事を読めば、応援メッセージをどのように書けばいいのかがわかります。

5分ほどで読める記事です。では、さっそく行きましょう。

運動会応援メッセージを書こう!!

 

保育園は0歳からおりますが、今回の応援メッセージは3歳から5歳の幼児に向けた応援メッセージとなっています。

運動会に向けて応援メッセージを書きたいけれど、何をどのように書いたら喜んでもらえるのでしょうか?

保護者の方が自分の子供と一緒に頑張るお友達などに向けて書くメッセージは格別なものがあるのです。言葉で「頑張ろうね」とは言いますが、書き言葉で残すと、それを読んだ子供の心に響きます。

親の気持ちが緩やかに伝わっていくことでしょう。

親御さんが、がんばって書いた運動会の応援メッセージはどこに貼られるのでしょうか?

心をこめて書いたメッセージ、多くの人たちの目に触れるところに貼るのがベストです。

一般的には、運動会前日までは、お迎えにいく玄関の壁や保育士の部屋の前に貼っておき、運動会当日は、皆がみられるような場所に貼られることが多いようです。

わかりやすいように、ボードを用意して、年少さんから年長さんまで分けておくと、来賓や保護者の方をはじめ、多くの方がみてくれるでしょう。

応援メッセージはあくまでも子供向けに書くものです。ですので、子供が読める内容のものが喜ばれます。できるだけひらがなで書き、漢字を使用した場合は、フリガナを振っておくといいでしょう。

文章だけではなく、イラストを添えるとパッと目を引きますし、子供たちにも受け入れやすくなります。好きなキャラクターとまでは言いませんが、好きな食べ物でも思いが伝わります。

イラストは描けないという親は、雑誌や広告の切り貼りでも喜ばれます。

運動会応援メッセージ文例!年少さん向け

運動会が楽しく、お友達とのかかわりも増えてくる年齢です。運動会に向けて保育士さんと一緒に頑張っているでしょう。字にも少しずつ興味を持つ頃です。

子供たちに読んでもらえるように、大きい字で書きましょう。ひらがなやカタカナで子供が読める字を使いましょう。わかりやすいシンプルな言葉を使うとよいでしょう。短い言葉で書きましょう。

例文

  • おうえんしているよ
  • いっぱいわらえるといいね
  • たのしんでね

運動会応援メッセージ文!年中さん向け

言葉でのコミュニケーションや友だちとのかかわりが活発になる4歳児クラス。

タイトルとURLをコピーしました