PR

組体操の危険ではない技とは?2人技3人技4人技を成功させるには?

  • 組体操で大技を成功させたい。でも怪我したくない。
  • 組体操の危険ではない技を知りたい。でも見栄えする技がいい。
  • 組体操の2人以上でできる技を成功させたい。でも怪我したくない。

組体操をやるとき、このようなことが気がかりではありませんか。

私の通っていた小学校では、6年生の運動会は組体操が花形競技でした。組体操の技を成功させるために、毎日毎日グランドで練習しました。

先生方は組体操を通して児童生徒にできた!の達成感を味わい、仲間と協力する姿勢を学んでほしいと思う反面、安全面を考え怪我をしないように指導する、二面性を考えていかなければなりません。

親になってからは、板挟みの先生の気持ちがよくわかります。

この記事では以下3つのポイントを動画や教員の意見を交えて紹介します。

  • 組体操の危険ではない技
  • 組体操を安全に行うために気を付けること
  • 今ではレアな組体操の大技

この記事に書いてあることを実践すれば、組体操で危険ではない技を成功へと導けるでしょう。

組体操とは?組体操のねらいと意味は?

組体操とは、ウィキペディア(Wikipedia)によると

『体操を基礎にして、一般には道具を使用せず身体を用いて行う集団演舞

とあります。

組体操のねらいは、組体操で必要な体力づくりと心を鍛えることにあります。

なぜなら、組体操で培われる力は「一生懸命練習する」、「仲間を信頼する」、「失敗した時の悔しさを乗り越える」、ことだからです。

組体操で得られるものは、以下の3つです。

  • 達成感
  • 協調性
  • 忍耐力

Yahoo!知恵袋では、以下のような投稿がありました。

大勢の人数の子ども達が【組体操】という一つの目的を持って【完成】していくことは、とても大切な教育の要素だと考えられます。先生や親御さんたちは【いかに成功させるか?】など出来栄えばかりを優先させがちになり、【土台の子どもは可哀想】などと思いがちですが、そこに至るまでの【努力】や【思いやり】を成果として見てあげてほしいと思います。

ところが、見栄えする大技を行うために、怪我の報告が絶えません。そのため、自治体から禁止や自粛の通達が出ているのです。

しかし、組体操で得られるものは、練習で培うチームワーク、忍耐力、技が成功した時の達成感です。体力づくりと心を鍛えることにも繋がります。

組体操の危険ではない技とは?

組体操の技で態度面、体力面が整うと、どのような技であっても危険ではありません。

なぜかというと、態度が整う気を付けの姿勢がしっかりできていると、次の行動がスムーズにできるからです。

また、体力面では、腕支持感覚、平衡感覚、逆さ感覚など、体育に必要な運動感覚と柔軟性が備わっていると言えるからです。

よく体育の先生が「集中!」と言っていますよね。気持ちが乱れると発揮できる運動能力が限られてしまうからです。

危険ではないというと、1人でできる床についてできる、と思い浮かべます。

1人でできる組体操の技にはバランス、倒立などがあります。

きびきび動き、ぴたっと止まって気をつけ、それだけでも十分かっこいいです。

それでも絶対危なくない、とは言い切れません。バランスを崩して転倒してしまい、捻挫や打撲などの怪我をしてしまうこともあります。

しかし、練習の時に隣の人と十分な距離を取る、日ごろからストレッチをして体の柔軟性を高めておくことが危険を防ぐことになります。

2人技・3人技・4人技で危険ではない技5選!

2人技・3人技・4人技で危険ではない技5選をご紹介します。

安全面に配慮した技を探してみました。

2人でできる技、Wバランス

1人でできるV字バランスを、2人で並んでやる。

やり方

  1. 2人で向き合い、体操座りをする。
  2. 両手をつないだら、それぞれ片方の足を上げて足の裏を合わせる
  3. 「せーの」でそれぞれもう片方の足を上げ、お互いの足の裏を合わせる。
  4. ゆっくり下ろす。

2人でできる技、すべり台

立ち上がるので高さが出ます。

やり方

  1. 1人は四つん這いになり、まっすぐ前方を見るようにする。
  2. もう1人は四つん這いになっている人のうしろで片ひざを立ててしゃがみ、立てている足を四つん這いしている人の両足の間に入れて、立ち上がるための準備をする。
  3. うしろにいる人が四つん這いしている人の片足を持ち上げて肩にかける。
  4. もう片方の足を反対の肩にかけたら、ゆっくりと立ち上がります。完全に立ち上がったら両手を左右に大きく広げる。
  5. 四つん這いになっている人は、顔を上げて前方を見たまま手をまっすぐに伸ばす。
  6. ゆっくり下ろす。

 

2人技の解説動画です。

3人でできる技、扇(扇は3人でも5人でもできます。)

扇子のようにきれいに見える。

やり方

  1. まずは横に並び、真ん中の子どもは一歩下がる。
  2. それぞれ横にいる友だちと手をつなぐ。
  3. 両端の子どもは手を遠くに着いて、真ん中にいる友だちの前で足を合わせる。
  4. 合図とともに、両端の人はおしりを持ち上げて両足をそろえてまっすぐ前を見る。
  5. ゆっくり下ろす。

 

3人技の解説動画です。

4人でできる技、花

4人の手と足が花のようで美しい。

やり方

  1. 4人で体育座りになって手をつなぐ。
  2. 合図とともに、まずは対角線にいる2人が中央で足を合わせてから足を持ち上げる。
  3. 残りの2人が、上がっている中央の足に合わせるように足を上げる。
  4. 腕も足もしっかりと伸ばして、ピタッと止まる。
  5. 安定したら手をさらに上げる。
  6. 合図とともに手と足をゆっくり下ろす。

4人でできる技、橋

やり方

  1. 4人が手をついて四つん這いになる。
  2. 次に後ろの人の肩に足首をかける。最後尾の人は四つん這いの姿勢でいる。
  3. もう一方の足を肩にかける。
  4. 合図とともに足をゆっくり下ろす。

 

見栄えするといえば、大人数で動きのあるウエーブもいいかもしれません。

他にも体操服を赤、白の2色に分け、列を作り2人技を繰り返すのも演技のようで見栄えします。この時には補助倒立など、比較的簡単で安全な技をきれいに見せることが大切です。

組体操は、静と動を意識すること、安全に行うことが出来栄えを左右するのです。

組体操を安全に行うには?

タイトルとURLをコピーしました