PR

部活対抗リレー!面白い文化部ネタアイデア5選!運動部より目立つ方法とは?

  • 部活対抗リレーはみんなにウケる面白いことがしたい!
  • 部活対抗リレーの花形は運動部だけど、文化部でも目立ちたい!
  • 部活対抗リレーに出ることになったけど、思い出に残る面白いことをしてみたい!

部活対抗リレーに出場予定の方ならこのような疑問をお持ちではありませんか?

私は文化部で足も遅かったので、応援の掛け声を浴びて走る運動部の友達がうらやましかったです。でも、文化部だからこそ「小道具を使ってみんなと違うこと」ができました。

この記事では速く走る方法ではなく、文化部ならではの面白いアイデアで目立つ方法をお話しします。

速く走る方法はトレーニングや走り方の教本で調べられますが、面白アイデアはあなた自身のやる気です。

この記事では以下3つのポイントをお話しします。

  • 部活対抗リレーの見せ所がわかれば、面白さが伝わる
  • 部活対抗リレーで目立つには、「大会のように速く走る」「面白いことをする」
  • 文化部が目立つには、普段の練習の発表の場と考える

読み終えたときには、部活対抗リレーに出場している自分とみんなの笑顔が見えてくるでしょう。

部活対抗リレーとは?いつやるの?

部活対抗リレーとは、中学校や高校の部活ごとの部員による対抗のリレーのことです。所属する部活ごとに校庭のトラックを走り、順位を競います。

部活対抗リレーが中・高生になり行われるのは、部員の能力も上がり、大会やコンクールなど競技の活動が盛んになってくるからです。

調べてみると、多くが高校の体育祭で競技とは別に行われ、アハハと笑えるような余興の位置づけで行っています。

中学生でも、先生よりも速い!

高校生のトラックを一周するスピード感に圧巻です。

中には小学生のころから足が速い生徒もいますが、小学校では部活対抗よりもクラス対抗リレーのほうが一般的です。

部活にも思い切り取り組んでいる高校生の部活対抗リレーは、生徒の青春の証です。

部活対抗リレーの見せ所は?

部活対抗リレーの見せ所は、やはり運動部の能力です。

運動推薦で進学してきた生徒や、その学校の強豪チーム所属の生徒は大会同様、運動能力を活かすことができるからです。

特に陸上部では、走ることに重点を置かれる部活なので、その足の速さには瞬きを忘れるほどです。黄色い声援がわくのも納得がいきます。

これぞ運動部!

https://twitter.com/Urawa_Gakuin/status/1454383422667853824?s=20

 

水泳部

帰宅部

白梅学園高等学の校長室だよりでは、「部活対抗リレーは、文化部と運動部とで分かれて実施された。

文化部は服装もバトンもその部活らしさがよく表れている。何といっても演劇部は役者だな、と感心させられる。それぞれの部活動の個性が表れていて、観る者を楽しませてくれた。」とあります。

帰宅部を無所属と言い換えると、箱根駅伝のように予選を通過しなかったチームの上位成績者が選ばれるチームのようでかっこいいですよね。

運動部だけが能力で目立つのではありません。文化部には、文化部にしかない見せ所があるのです。

文化部の部活対抗リレー面白ネタ5選

部活対抗リレーの面白ネタを5つあげてみます。

ここでのリレーはスピードを競うものではなく、あくまで余興です。スピード感にこだわりすぎないようにしましょう。

運動部では部活のユニフォームを着て走るのが定番です。

そのほか、野球部ならバット、テニス部はラケットなど、バトンの代わりに部活に関連するものを使う、などルールを決めるとなお盛り上がるでしょう。

体操部・新体操部

走る代わりに前転、側転、バック転に宙返りをする。新体操ではボールやフープを使い、舞うようにトラックを一周する。

面白いというより、拍手喝さいですね。

文化部こそ、~しながら、ができるので、ここは見せ所なのではないでしょうか?

部員達が普段やっている活動のアピールもできますよね。

軽音楽部・吹奏楽部

楽器の音を出すのが鉄則。

タイトルとURLをコピーしました