騎馬戦の大将がかぶる兜の作り方!麦わら帽子を活用!参考となる武将は?

兜

運動会でチーム一丸となって盛り上がる競技のひとつ、騎馬戦。

チームで作戦を考えたり、口上を工夫したりするのも運動会に向けて気分も高まりますよね。

また大将の兜を手作りするとなれば、チームがさらに一丸となっていい思い出となること間違いなしです。

騎馬戦での兜を手作りすることになって、何から手を付けていいか悩んでいませんか?

騎馬戦は帽子やはちまきを取り合う激しい競技でもあるので、五月人形の兜を借りてくるわけにもいきませんよね(笑)

今回は簡単に手作りできる兜の作り方について詳しく紹介していきます。

麦わら帽子を活用したりする作り方なども紹介しているので、安全で参考になるものばかりですよ。

ぜひ最後まで読んで兜づくりの参考にしてみてください。

騎馬戦の大将がかぶる兜の作り方!麦わら帽子を活用しよう!

文房具

最初に紹介するのは、麦わら帽子を活用した兜の作り方です。

材料

  • 麦わら帽子(カウボーイハットタイプがおすすめ) 1個
  • 段ボール
  • 絵具もしくはスプレー(金や銀・黒)
  • 裁縫道具
  • 両面テープかホチキス

作り方

  1. 麦わら帽子表面とひさしの裏表を黒などのスプレーで塗ります
  2. 麦わら帽子のおでこ側のひさし中央から縦に切り込みを入れます。そこからこめかみの方まで両側にさらに切り込みを入れます。
  3. 観音開きのようになったら、切った部分を両サイドに曲げ、重なった部分を太めの針と糸を使い縫いとめます。
  4. 金や銀にあらかじめ塗った段ボールを好みの兜のデザインに切り取り、③の麦わら帽子のおでこの面に両面テープかホチキスなどで止め完成です。

兜のデザインによっても作成時間は変わってきますが、大体1時間から2時間くらいで完成します。

材料も比較的家にあるものばかりで作ることができるので、材料費用もおさえられておすすめです。

また最後兜のデザインの部分を止めるとき、ホチキスを使う場合止めた裏側芯の部分にセロハンテープなどを貼っておくと安全です。

騎馬戦の兜のデザインで参考になる武将は誰?

武将

兜を手作りすることになって、最初に決めたいのは兜のデザインですよね。

兜と言えば武将!

兜のデザインが有名な武将について調べてみたので大将兜のデザイン決めの参考にしてみてください。

 伊達政宗

伊達は幼いころ天然痘を患い片目を失明しており、眼帯をして戦にのぞむ姿が独眼竜と呼ばれていました。

三日月形の前立てはスタイリッシュで、簡単に制作できるのでおすすめです。

 真田幸村

鹿の角と中央に六文銭をあしらった前立てで目を引く真田幸村の兜。

三途の皮の渡し銭ということで、棺に六文銭を入れる風習があったことから、常に死を覚悟して戦にのぞんでいたと伝えられています。

 直江兼続

直江兼続は漢字の愛という文字をそのまま前立てに採用しました。

義を重んじ愛に生きたとされる武将です。

とてもインパクトがあり、騎馬戦でも目立つことまちがいなしですね。

 上杉謙信

戦いでの敗戦がほとんどないことで有名な上杉謙信の兜は、日輪と三日月の前立てがかっこよく印象的です。

敗戦が少ないというところもあやかりたいですね。

 織田信長

天下統一を目前に、家臣である明智光秀の裏切りにより本能寺で自害した織田信長ですが、今なお人気の高い戦国武将です。

織田家紋の木瓜紋と旭日昇天を表す御簾が荘厳な兜です。

大将以外の騎手向けの兜は厚紙でつくろう!

折り紙の兜

大将以外の騎手も兜をかぶることになっている場合は、大将より控えめな作りにするのが無難です。

大将の兜では麦わら帽子を活用しましたが、それ以外の騎手には厚紙で作る方法もあります。

簡単に作る方法の動画があったので参考にしてみてください。

 

簡単工作 兜(かぶと)のお面

簡単工作 兜(かぶと)のお面

騎手の人数分の厚紙を用意するので材料費が気になりますが、今は100円ショップなどでも厚紙を購入できますし、学校で用意してくれることもあるので、先生と相談しながら進めるといいでしょう。

騎馬戦で作った兜、使い終わったらどうする?

騎馬戦

いざ本番で兜をかぶって、大いに盛り上がり完全燃焼!したあと残った兜はどうしよう、ということになると思います。

激しい戦いの後なので、見るも無残になっている兜もあるでしょう。

再利用は不可能と判断できる兜は、思い切って捨ててしまいましょう。

その際、ホチキスなどはきちんと外し、地域の指定に従って処分しましょう。

勝ち残って兜が無傷なんて騎手や大将ももちろんいるはずです。

そんな縁起のいい兜は次の年に受け継いでいくのがベストでしょう。

きっと喜ばれるはずです。

受け継いでいくことになった兜は、次の年にもきちんと使えるように保存の方法も大事になってきます。

大将の兜の場合は大きめの透明ビニール袋または段ボール箱などに入れ、体育倉庫などの棚の上の方に置いておきましょう。

中身が見えていないと、誤って上に物を置かれてしまったりするのでここは透明ビニール袋で保管は必須です。

段ボール箱の場合は側面の目に付くところに、兜が入っていることをきちんと明記しておきましょう。

まとめ

 

騎馬戦の兜を手作りすることになったときは

  • 麦わら帽子を活用し武将の兜風にアレンジする
  • 厚紙を使って簡単に兜を作る
  • 保管することになった兜は次の年もきちんと使えるよう保存方法にも気をつける

以上3点をチェックしてみてください。

チームで大将兜のデザインを考えるのも楽しいですよね。

紹介してきた武将の兜も目立ってかっこいいものばかりですよ。

大将や騎手が、みんなで作った兜をかぶって本番にのぞむのもワクワクしますし、最後まで勝ち残って次の年に兜を受け継いでいくのも、伝統を作り上げていくようでステキですよね。

兜づくりが学校生活での楽しい思い出作りの1ページになることを願っています。

【こちらも読まれています】

騎馬戦大将戦の口上例文!白組・赤組・青組のかっこいい・面白い言葉!
運動会での注目競技のひとつである騎馬戦。そんな騎馬戦の騎手の大将という大役を任され、口上も考えなければならない!困った!という方。今回はそんな騎馬戦で大将として口上を言うことになった方のために、かっこいい口上や、ちょっとおもしろい口上の例文を紹介します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました