PR

運動会の児童代表の言葉例文!開会式・閉会式そのまま使える言葉掲載!

運動会の万国旗

待ちに待った運動会、児童たちは競技でかっこいい姿を家族や同級生に見てもらいたいと思っていたり、選手宣誓になった子は緊張していることでしょう。

そして、中には児童代表の言葉をみんなの前ですることになった!という児童もいることでしょう

学校から帰ってきた子どもに「児童代表で話すことになった」と聞いて驚いたお父さん、お母さんもいるのではないでしょうか。

言葉を考えるといっても子どもさんもご両親も「選手代表の言葉って選手宣誓と違ってどんなことを話すのかな?」と考えるのに困っているのではないでしょうか。

私も「児童代表の言葉って選手宣誓と一緒でしょ?」と思っていましたが、思えば選手宣誓とは違い、開会式、閉会式で話している子がいました。

私も言葉を聞きながら「ああ運動会が始まるのか」と思っていました。

今回は運動会の児童代表の言葉を考えてみましょう!

是非参考にして子どもさんにアドバイスしてあげてください。

きっと喜んでくれますよ。

わが子の舞台を家族で協力して盛り上げていきましょう。

運動会の児童代表挨拶!開会式向けそのまま使える例文!

並ぶ子供

開会式、洗濯したての真っ白な運動着で整列しているのではないでしょうか。

朝の空気と一緒に気持ちも引き締まりますね。

これから頑張ろうという気持ちになれるように話したいですね。

開会式の挨拶例

「本日は快晴になり、いい運動会日和となりました。たくさんの方に来てもらえて応援してもらえることを嬉しく思います。今年の全校のスローガンは〇〇です。日頃の力を出し切り、悔いのない一日にしましょう。」
「本日はくもり、暑すぎず気持ちよく運動会ができる天気になりました。今まで頑張ってきたことを精いっぱい発揮したいと思います。先生やお父さん、お母さん、来てくださった多くのみなさんに感謝し、一日元気よく運動会を行いましょう。」

もう少し長くしたい場合はスローガンや運動会の標語の説明を入れたり、競走や騎馬戦などの練習をしてきたことを入れてみるといいでしょう。

こちらの動画も参考にしてみてください。

上手に話していますね。

言葉の長さもちょうどいいのではないでしょうか。

運動会の児童代表挨拶!閉会式向けそのまま使える例文!

日本国旗

運動会も終わりに近づくと、児童の服も土煙などの頑張った証がたくさんついていることでしょう。

運動場や国旗をしっかり見ながら清々しく終えたいですね。

閉会式の挨拶例

「本日は気持ちのいい天気の中、たくさんの人に応援をもらいながら頑張り抜くことができました。みなさんありがとうございました。競走では一位にはなれませんでしたが、最後まで走り抜くことができました。6年生は最後の運動会になりましたが、今回のようなチームワークをこれからも活かしていきたいと思います。」
「本日は途中で雨が降ったりもしましたが、みなさんの応援、みんなも精いっぱい走り抜きで一日を終えることができました。綱引きではみんなが一丸となって綱を引き、見事勝つことができました。騎馬戦では負けてしまいましたが、チームワークの大切さを感じました。本日の運動会で強めた絆を大切にして、これからの学校生活も頑張っていきたいです。」

運動会であったことを思い出して盛り込んでもいいですね。

6年生が話す場合は、最後の運動会という話を入れると思い出として振り返ることができるかもしれませんね。

児童代表に選ばれた!原稿に盛り込む内容は?

開会式、閉会式とどちらも学校の顔として話しますから内容も考えておいたほうがいいですね。

盛り込む言葉としては開会式では

  • 今まで頑張ってきたこと
  • 先生、お父さん、お母さん、保護者の方への感謝
  • 今日目標とすること
  • 精いっぱい頑張ること

などを話すとまとめた時にちょうどいい長さになるのではないでしょうか。

閉会式では

  • 頑張ったこと
  • 改めて先生、お父さん、お母さん、保護者の方への感謝
  • 運動会の感想
  • これからの目標

といった感じでまとめましょう。

タイトルとURLをコピーしました