体育祭の旗デザイン赤組編!おすすめの図柄・言葉は?作り方も丁寧に解説!

虹色の旗

体育祭や運動会は学校行事においては最も盛り上がる行事ではないでしょうか?

しかし、その行事を成功させるにはたくさんの準備が必要です。

集団演技やスローガン決めや準備などありますよね。

もちろん旗作りも体育祭を盛り上げていく上で大切なものであると感じます。

旗と言えばかっこいいスローガンに図柄を作りたい!そう思っていらっしゃる人は多いのではないでしょうか。

旗には気持ちを表現するものとしては良いのです。

ですが、アイデアが思い浮かばず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

さまざまデザインを参考していただき、オリジナルの旗を作るとより思い出の残る旗になると思います。

そこで今回は旗の作成についてどのように考えればよいのか、必要なものなどをご紹介していきます。

体育祭の旗のデザイン赤組編!おすすめの図柄は?

 

旗の図柄

ここでは旗の図柄についていくつか例をご紹介していきます。

旗を作成する上では図柄は欠かせないものであります。

赤組らしさを表す図柄中心にお話していきます。

赤組を表す旗の図柄

1.炎

赤組と言ったらこれは欠かせないものです。

気合や熱量を表しておりピッタリな図柄であります。

2.赤龍

これはドラゴンをイメージしていただけるとよりわかりやすいでしょう。

また炎と組み合わせればよりかっこいい図柄となりますので、おすすめです。

3.エルモ

こちらはキャラクター。

「セサミストリート」に登場するモンスターのひとつである。

体が赤であり、かわいさとしては最高な図柄です。

旗のデザインとしてはメジャーであるのでおすすめです。

4.桜

こちらの色はピンクであるが、赤組らしさを表現することができます。

「花」の付く四字熟語や英語スローガンとコラボさせるとシンプルな図柄になるでしょう!

ぜひ参考まで・・

5.赤一色

こちらはまず赤に染めてしまう。

そして、ナイキのマークやバスケットボールでお馴染みのジョーダンのマークは知名度もあり学生にとって認知の高いものでありますよね。

かっこよさ、描きやすさは一番であると思います。

体育祭の旗のデザイン赤組編!旗に入れる文字・スローガンは?

体育祭

さきほどは図柄についてご紹介いたしました。

次にその図柄に組み合わせていくスローガンが必要になってきます。

ここでは四字熟語、英語、令和を使った言葉などをそれぞれご紹介致します。

四字熟語

1.電光石火

スピード感を意識する熟語であると思います。

また体育祭でも用いられている馴染みのある言葉です

2.完全燃焼

図柄と組み合わせに苦労しない熟語であります。

やはり、誰もが知っているので使い勝手のよい言葉です

3.無我夢中

多くの人が知っている言葉である。

我を忘れ、心を奪われている様子を表現する。

優勝に向かってがむしゃらに取り組んでいることを想像し、この熟語を推奨いたします。

4.百花繚乱

花びらの図柄と組み合わせることによって、かっこよく落ち着いた旗が作成できると思い、例として表現させていただきました。

5.大胆不敵

体育祭というのは勝負事である。

度胸がすわっていて、恐れないことを意識してほしいという意味を込めて、ご紹介いたしました。

2語(漢字)

1.熱気

炎との組み合わせでより気合の入る旗になると思います。

熱い行事にしたい!このような意味を込めています

2.奮闘

体育祭という行事において力を出して戦って欲しい意味を表しています。

旗にはピッタリの言葉です。

3.気炎

四字熟語の「気炎万丈」から抜き出したもの。

赤組らしく燃え上がる様子がこの言葉から伝わってくるものであり、おすすすめです。

4.団結

集団の競技であり、勝利を掴み取るには全員の協力しなければいけない。

一番大切なことであり、良い言葉であると思います。

5.熱盛

これは報道ステーションのスポーツニュースで使用されている言葉であり、認知している人も多いのでおすすめさせていただきます。

英語

1.fire bird(火の鳥)

シンプルかつ、図柄でマッチしやすいという意味でおすすめです!

2.Burn it up!(燃え尽きろ)

短くて赤組らしさがある英語です。

旗のサイズにもよりますが、どのサイズにも使いやすいと思います

3.Go for it(やってみよう)

とにかく若いので挑戦してほしいという思いを込めています。

失敗したとしてそれもいい経験でありますし、元気よさを忘れずにしてほしいという意味を込めています。

4.Let`s do our best(ベストを尽くそう)

力を出し切ろうという意味を込めさせていただいています。

どの学年を理解ができる言葉であり、かっこよくて覚えやすいスローガンであると思い、おすすめです。

5.Yes We can !(我々はできる)

アメリカ元大統領のオバマ氏が演説にて発言していた言葉であり、反響呼びました!

だれもが知っていて、不可能なんてないというニュアンスを含め例として挙げさせていただきました。

令和を使った語

1.令和を赤い炎で覆い尽くせ!

令和という時代を赤く染めてほしいのような気持ちを込めていますし、

2.大炎上!令和っ子!ベストを尽くせ!

炎上ではなく、大きく燃え上がるをイメージしました。

赤組らしく熱気に包んでほしいという意味を込めています。

3.令和を圧倒しの赤組で埋めつくせ!

令和という時代を取り込んでいく。

この意気を込めたスローガンです。

4.突き抜けろ!今こそ魅せろ!令和魂

これはリズムを意識したスローガンです。

言いやすく覚えやすく、そしてかっこよさを含んでいる言葉です。

5.心に燃えるのは、令和を征服じゃ!

ひそかに企んでいる優勝というものを心に静かに燃やしている様子をイメージしたもの、冷静さを重視させていただきました。

 

ここではそれぞれ、令和や四字熟語や英語などで旗に組み込むおすすめのスローガンをご紹介いたしました。

参考になると思うのでぜひ使ってみてください!

体育祭の赤組旗を作ろう!大きさや材料は?

観客

よし!旗を作ろう!となりますが、なにを準備すれば良いのか困ってしまうことがありますよね。

そこでここでは何を準備すれば良いのか、どのように作っているのかなどをご紹介していきます。

1 準備するもの

  • 横断幕(サイズは900mm×3600mm)値段は20,000円。
  • 旗(サイズは700mm~900mm×1000mm~1800mmくらい)値段は手作りなり700円くらいと手作りの場合はかなりやすく抑えられます。原料は布やシーツ。
  • 絵具(旗作り専用のもの12色一式もの)値段は700円より
  • パソコン(アイロンプリントだとコストも削減できるのでおすすめ)
    • 値段はアイロン用のプリントで800円位。パソコンとアイロンは学校にあるもので作成できるのでコストはかかりません。
  • 新聞紙(絵具とかで床を汚さないようにする為のもの)それぞれの自宅より持参してくればコストはかかりません。
  • はさみ(好みのサイズや指定のサイズがある時に切るために必要。)
  • 筆(文字を手書きする場合に必要となります。)

だいたい製作期間は、手作りだとすると2ヵ月くらいの時間をかけるのが良いでしょう!

パソコン等などで時間短縮をするのであれば最低でも1ヵ月は必要になるとでしょう。

平均で1ヵ月半はかかると思いますのでしっかりと計画をしてください!

最後に作り方の動画を参考にしてみてください!

横断幕の作り方

作った赤組旗、翌年はどうする?

ここでは作成した旗の処理や保存方法についてご紹介いたします。

1年ごとに捨ててしまうのは勿体ない、でも保存方法がわからなくて困ってしまうことがありますよね。

その疑問について解決していきましょう!

保存方法

基本的には丸めて保存しておくのが無難です。

ポールから外して、デザインを内側にて折り目が付かないように丁寧丸めておくのがいいです。

また手洗いや洗濯することも可能ですが、一部の素材は洗濯してしまうとプリント等が落ちてしまうので旗の原料などはチェックをしておきましょう!

あと、直射日光は避けましょう

色あせてしまうこともあるので、日光の当たらない場所に保存しましょう!

廃棄方法

廃棄については一般の家庭ごみと異なるので確認をしておいてください!

ポリエステル素材が主流であり、基本的には不燃ごみとして処理をしましょう!

また再利用もできるので、自治体やその他団体に連絡をして確認しましょう!

国内の旗の廃棄量は20トン以上であると言われているので環境の為にも再利用しましょう!

 

以上が保存方法、廃棄方法についてご紹介いたしました。

トラブル等がないようにぜひ参考にしてください!

旗だけじゃない!赤組の団結力をあげるアイテムとは?

赤いTシャツ

体育祭は旗だけではなくより盛り上がるアイテムが多くあると思います。

それを簡単にご紹介していきます。

1.髪を染めるスプレー

最近ではスプレーで紙を染めることが可能で水で洗えば落ちるものあります。

赤や青や色も豊富にあると思うので、おすすめです!私も購入したことがありますが、値段は800円くらいとお手頃。

2.Tシャツ

行事関係では外せない物となっていますよね。

スローガンやクラスのテーマなど盛り込んだものはより一層団結を強めたりしますよね。

値段は大体2,000円で高いと5,000円前後をかかります。

3.タトゥーシール

手作りすることも可能ですし、シールなので後処理もできますよね。

スローガンを入れたり図柄を入れたりと多種多様な使い方がありますよね。

値段は700円から1,200円とサイズによって値段は異なります。

これは盛り上がるし、なかなか導入をしているところが少ないと思うのでお勧めです。

最後に

ダンス

これまで旗の作り方を中心に説明してきました。

アイデアや時間がかかってしまう事前準備をいかに短縮できるか。

参考になるようなアイデアがたくさんご紹介させていただきました。

いかに工夫して、充実した体育祭になるのか、思い出に残るような行事になるようにすこしでも参考にしていただければと思います。

素敵な旗と素敵なアイテムがあればより一層盛り上がりますよね!

世界に1つしかない旗をみなさんで協力して作ってください!

【こちらも読まれています】

運動会赤組スローガン2020!四字熟語・英語・ユニーク・令和を使った例まとめ
みなさんはスローガンを考えるのに悩んでいませんか?それは運動会や体育祭など学校行事があるところでは必ずと言っていいほどありますよね。スローガンにはかっこいいもの、躍動感のあるものなどたくさんの意味が込められています。でもアイデアが思い浮かばない!という方必見!

コメント

タイトルとURLをコピーしました