PR

球技大会の児童代表の言葉例文!開会式・閉会式そのまま使える言葉掲載!

五輪

もうすぐ球技大会。

出場する人は今までの練習の成果を発揮する時が来ましたね。

お父さん、お母さん、保護者の方は当日までの準備があるでしょうし、我が子の活躍を期待していることでしょう。

そんな中、開会式や閉会式で児童代表の言葉を話すことになった!って人もいるのではないでしょうか。

「何を話せばいいのかわからない」

「緊張してハキハキ話せるか不安」

「最後の年だし、後輩もたくさん見るからドキドキする」

と困ってはいませんか。

今回は、球技大会での開会式、閉会式で使える言葉を紹介します。

この記事を読むことで、球技大会の代表挨拶ではもう困ることはありません。

  • 開会式での挨拶の例文とポイント
  • 閉会式での挨拶の例文とポイント
  • 盛り込む内容や時間、長さ
  • 練習方法とコツ
  • 参加できなくなったなどのトラブル対処法

を順番にご紹介していきます。

5分くらいで読めますし、そのまま使える例文もあります!

ポイントを押さえて安心して大会に臨めるようにしたいですよね。

まずはご一読を!

それではさっそくいきましょう。

球技大会の児童代表挨拶!開会式向けそのまま使える例文!

3人

開会式では緊張している子やわくわくしている子などさまざまな気持ちを持った子どもたちが参加しています。

背中を押して「頑張るぞ!」という気持ちになれる挨拶にしたいですね。

例文1

今日ここに集まっている皆さんは、日々練習を行い、仲間と絆を深めあってきたことだと思います。
今日までにいろいろな困難を乗り越えこの舞台に立っていることでしょう。
大会では勝利を願い、誰もが精いっぱい競技に励む一日にしましょう。
そして仲間とともに正々堂々闘いましょう。誰もが笑顔で終われるよう心から楽しみ、勝利に向かって頑張ってください

例文2

この歴史ある○○の舞台に立てることをうれしく思います。
今まで一緒に頑張ってきた仲間や指導してくれた監督(コーチ)とともに、正々堂々試合に臨みます。
先輩方がつちかってきたこの大会を盛り上げ、これからも続くよう心を込めて頑張りましょう。
この一日がみんなにとって、心に残るような大会にしたいです。
けがや熱中症に気を付けて真剣に頑張りましょう。

簡潔に淡々と終わる挨拶もありますし、すぐに終わるので負担はないでしょう。

でも、今まで練習してきた上での大会参加です。

これまでの頑張りを発揮できるような言葉で大会をスタートさせたほうが盛り上がりますよ。

球技大会の児童代表挨拶!閉会式向けそのまま使える例文!

グラウンドに座る女性

閉会式では表彰式が行われ、勝者が称えられる場になりますが、勝った人にも、惜しくも最後まで闘うことができなかった人にも、励まして次に繋げられる言葉を投げかけたいですね。

例文1

一日があっという間に終わりました。
練習の成果を出せたチーム、健闘の末惜しくも最後まで残れなかったチームとさまざまです。
この場に今、うれしい気持ち、悔しい気持ちを持った人がいることだと思います。
悔いなく力は出し切れたでしょうか。
今年で最後の人もいるでしょうが、精いっぱい取り組み、後輩にいいバトンタッチができるような試合ができたと思います。今日はお疲れ様でした。

例文2

日々の練習の成果を発揮することができましたか。
みんなが精いっぱい頑張る姿を見て、私もいつも以上にやる気がでて最後まで頑張りきることができました。
試合中、応援の声が聞こえてきて、それも頑張りに繋がりました。
私は今年で最後の大会になりましたが、今回の経験と今日感じた気持ちを胸に後輩たちが、これからもこのチームと大会を盛り上げてくれると信じています。
みなさんありがとうございました。

仲間や応援に来てくれた人に感謝をし、みんなの思い出に残るような挨拶にしていきましょう。

児童代表に選ばれた!原稿に盛り込む内容は?

考える女の子

開会式、閉会式とともに前向きな言葉を盛り込んでいきましょう。

「○○が○○とぶつかったこともあったけれど…」

などといった言葉は一見感動的になるような文章になりますが、聞いた誰かが嫌な思いをするかもしれません。

「いろいろな困難を乗り越え絆を深めてきました」

という言葉に言い替えるようにし、誰かが嫌な思いになるような文章にはしないようにしましょうね。

そして長さは声に出して1分~1分半ほどで収めるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました