運動会スローガン小学校編!コロナに負けるな!四字熟語や英語の文例まとめ!

運動会

運動会といえば、小学校生活の中でもおおきな行事の中のひとつです。

新型コロナウイルスの影響で、運動会のかたちも変わってきてはいますが、せっかくの運動会!

子供たちのためにも盛りあげていきたいですよね。

そんな運動会にかかせないのがスローガンです。

あるとないでは大違い!かっこいい文字や英語をいれてみたり、流行していることばをつかったりと選びかたはいろいろありますが、運動会をいちだんと盛りあげてくれます。

そこで今回はコロナ禍でおこなう運動会のスローガンづくりのコツや、四字熟語や英語などをとりいれたスローガンを実際につくってみました。

コロナに負けない、かっこいいスローガンづくりに役立ててください!

小学生の運動会を盛り上げるスローガンの作り方のコツは?

スローガンということばはよく耳にしますが、はっきりとした意味がわからない人も多いのではないでしょうか。

スローガンとは団体の理念や、運動の目的を簡潔にいいあらわした覚えやすい句・標語・合言葉のことです。

運動会の場合だと、運動会で達成する目的となりますね。

スローガンがあることによって目標ができるので、子供たちのモチベーションもあがります。

そのためにも、運動ではスローガンをぜひつくってもらいたいです!

小学生らしいスローガンとは?

運動会の門

小学生といえば、元気いっぱい!というイメージです。

コロナ禍では、その元気が大人たちのはげましにもなります。

小学生ならではの、元気いっぱいな姿が思いうかぶスローガンにしていきたいですね。

長すぎるスローガンだと、なんだかピシッとしません。

かっこいいスローガンにするためには、スッキリとまとめるのがコツです!

覚えるのもたいへんなので20文字以内におさめるようにしましょう

ひとつ注意してほしいのは、英語や四字熟語をつかうとき、きちんと意味を調べてからつかうこと

たとえば、「勝負に勝つ」という意味の四字熟語がふたつあるとします。

でも詳しい意味を調べると「なにかを犠牲にしても、絶対に勝つ」と「まわりと協力しながら勝つ」という、ちがった方向性になっていたりします。

運動会だったら「まわりと協力しながら勝つ」がふさわしいですよね。

これらをつかうときは、自分がつかいたい意味なのかどうかしっかりと確認しておきましょう。

つぎからはいろいろなパターンの文例をつかっていきます。

なぜそれが小学生らしいのかも説明していきたいと思います。

四字熟語や英語は意味もかいてあるので、スローガンづくりの参考にしてください。

小学生の運動会スローガンアイデア:コロナ

順位の旗

まずはよくある言葉をつかったスローガンを紹介していきます。

一年生や二年生でも知っているような、わかりやすいことばでつくってみました。

やるしかない!未来は自分できりひらけ

未来のためにいまはがんばるとき、がんばったことは未来へつながっていくよ!と小学生たちに応援をおくるようなスローガンです。

のりこえよう 今こそ団結だ!

みんなでちからをあわせればどんな困難ものりこえていける、小学生の団結力をみせてほしい。そんな思いをこめたスローガンです。

今こそ きもちを強く前へ!

コロナで気持ちも沈みがちですが、前向きな気持ちで運動会もがんばっていこう!という運動会にかかわるみんなにあてはまるスローガンになっています。

小学生の運動会スローガンアイデア:四字熟語

本

つぎは四字熟語がはいったスローガン。

四字熟語をつかうときは、サブタイトルをつけていきます。

サブタイトルはスローガンよりも長くて大丈夫なので、わかりやすくてかっこよくなるようにつけましょう!

勇往邁進(ゆうおうまいしん)~ともに、前へ!~

「勇往邁進」とは自分の目的にむかってひたすら前進することという意味。

「邁進」は元気よく前進することという意味でもあるので、小学生にぴったりです。

完全燃焼~がんばった分だけ強くなる!~

「完全燃焼」とは最後まで燃えつきること、すべての力をだしきることという意味になります。

サブタイトルをつけ、運動会で自分の力をだしきって、こころもからだも強くなろう!という意味になるスローガンにしました。

一致団結(いっちだんけつ) ~みんなでのりこえよう!~

「一致団結」の団結は、よくつかう言葉なのでわかりやすいですよね。

意味はたくさんの人々が目標のために協力しあうこと。

みんなでこころをひとつにして、このコロナ禍をのりきっていこう!という思いがこめられています。

小学生の運動会スローガンアイデア:英語

単語帳

さいごは英語をつかったスローガンです。

いくつかの単語を組み合わせてつくってあるので、わかりやすいようにサブタイトルをうまくつかっていきましょう!

Never give up(ネバー ギブ アップ)~あきらめないこころ~

「Never give up」とは絶対にあきらめないという意味。

日本語の意味をサブタイトルにしてもかっこいいですよね。

アクシデントや失敗があっても、あきらめずにがんばってほしいという願いをこめたスローガンです。

Power of smile(パワー オブ スマイル)~笑顔がパワーになる!~

「Power of smile」の意味は笑顔の力。

サブタイトルは意味をすこしだけ変えてみました。

笑顔になればパワーがでるし、それをみている人もパワーがもらえるよ、という意味のスローガンになります。

Connect hearts~(コネクト ハーツ)~今、こころでつながろう~

「connect hearts」とは、こころをむすぶ、こころをつなぐという意味になります。

運動会をとおしてこころをつなげて、これからのコロナ禍をのりきっていこう。

そんな思いをこめたスローガンです。

まとめ

てをつなぐ

 

小学生らしいスローガンづくりのポイント

  • 元気いっぱいなスローガンをイメージ
  • スローガンは20文字以内におさめる
  • 四字熟語や英語をつかうときは、しっかり意味を確認してからつかう

スローガンアイデア:コロナ

  • やるしかない!未来は自分できりひらけ
  • のりこえよう 今こそ団結だ!
  • 今こそ きもちを強く前へ!

スローガンアイデア:四字熟語

  • 勇往邁進(ゆうおうまいしん)~ともに、前へ!~
  • 完全燃焼~がんばった分だけ強くなる!~
  • 一致団結(いっちだんけつ) ~みんなでのりこえよう!~

スローガンアイデア:英語

  • Never give up(ネバー ギブ アップ)~あきらめないこころ~
  • Power of smile(パワー オブ スマイル)~笑顔がパワーになる!~
  • Connect hearts~(コネクト ハーツ)~今、こころでつながろう~

元気いっぱいの小学生のために、コロナに負けないスローガンのアイデアをまとめてみました!

コロナ禍で運動会をおこなうことは、たくさんの苦労や困難があると思います。

この記事がそんな人たちのスローガンづくりのヒントになればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました