PR

運動会入場行進アナウンス保育園のクラス別原稿例!アドリブをいれるコツは?

ダンス

保育園の運動会、まだまだ幼い子どもたちが元気に走ったり踊ったりする姿は最高にかわいいですよね!

そこで気持ちを盛り上げてくれるのがアナウンスです。

担当になったものの、「何を話せばいいかわからない」「緊張しそうだな」と考えているお母さんや、中には「その日に子どもたちを見ながら話せばなんとかなるんじゃない?」と思っているお母さんもいることでしょう。

私が人前でアナウンスすることがあった際には、「何とかなるだろう」と軽い気持ちで引き受け、簡単に書いた紙を持参し話したことがあります。

結果、焦ってしまってものすごく後悔したことがあります。

保育園は0歳から5歳まで幅広い年齢の子どもたちがいるので、入場行進も年齢別に組を分けている園が多いと思います。

元気に腕をふって入場してくる子どもたちをお父さんやお母さんは楽しみにしていることでしょう。

特に入場行進は運動会の最初にありますし、カメラを構えたご家族もたくさんいることでしょう。

そんなときアナウンスする言葉がどのクラスも同じでは少し寂しくありませんか?

よかったと思える運動会にしたいですよね!

では、今回は入場行進でのアナウンスを年齢別におさえていきましょう。

きっといい運動会のスタートになりますよ!

運動会アナウンス!保育園編!コツや担当ぎめは?

アナウンスの女性

保育園には0歳児から5歳児まで年齢が離れた子たちがいて、見た目も年齢ごとに違ってきます。

でも、まだまだ幼い園児たちに対してアナウンスするんですから話し方は考えなければいけません。

緊張するお母さんもいるでしょうが、早口で話したり、小さな声で話すと園児だけでなく、見に来てくれた家族も心配になります。

園児たちの背中を優しく押すような気持ちで入場行進のアナウンスをしましょう。

そうイメージすると話しかたのコツが見えてきます。

  • 優しい声で話す
  • ゆっくり丁寧に
  • マイクから少し体を話して大きな声で

マイクに口を近づけすぎると音割れしてしまいますから、まずは心を落ち着かせ体を少し離しましょうね。

優しい声はこちらのアナウンスを参考にしてみてください。

小さい子も安心できる声で、ゆっくり丁寧にアナウンスしています。

原稿は年齢のクラスごとに分けておくことをおすすめします。

クラスごとの特徴(服装や色などの見た目)で分かるように書いておけば入場行進の際に焦らずに済みます。

色で分けられているのならクラスごとに色を塗っておくのも手ですよ!

担当は先生やお母さんの場合があるでしょうが、どちらも話し合いがあるかと思われます。

クラスごとでアナウンスの担当が変わる場合は、自分の子どものクラスを立候補しておけば話しやすいですよね。

早めに自分の意見を言うことは自分のやりやすい担当ができるだけでなく、しっかりとしたイメージが付くので是非とも実践してみてください。

運動会入場行進アナウンス保育園のクラス別原稿例!0歳児クラスの場合

0歳児

何もかも初めての0歳児クラス

大きな音やいつもより賑やかな音にそわそわしている子もいることでしょう。

そんな様子を思い浮かべながら考えていきましょう。

「0歳児クラスさんの入場です。」

「保育園では新しいことがいっぱいの毎日。運動会も初めてです」

「楽しみな子、ドキドキでいっぱいの子もいます」

「お父さん、お母さん、温かく応援してね!」

安心できるような声でアナウンスすることを心がけましょう。

運動会入場行進アナウンス保育園のクラス別原稿例!1歳児クラスの場合

1歳児

次に1歳児クラスの子どもたちです。

歩き出す子や少し話し出す子も増えてきますね。

1歳児だと特に色々な子がいると思いますので、成長していることをアピールしたアナウンスにするといいですね。

「1歳児クラスさんの入場です」

「元気いっぱい!お友達と毎日色々なことを学んで大きく成長しています」

「できることが増えてきた1歳児クラスさん」

「成長した姿をみんなで応援してください」

あちらこちらをそわそわと見ている子もいるでしょうから、落ち着いた声で丁寧に話すといいと思いますよ。

運動会入場行進アナウンス保育園のクラス別原稿例!2歳児クラスの場合

2歳児

2歳児クラスの子は、歩いたり走ったりとできることが増えてくる時期ですよね。

ダンスも手の動きが細やかになったりと、去年と比べると新たな発見がある年ですね。

「2歳児クラスさんの入場です」

「園内で元気に走ったり、お友達や先生とお話ししたりしています」

タイトルとURLをコピーしました