パン食い競争のルールは?英語では?何パンがよい?勝つコツも!

パン食い競争

パン食い競争をご存じですか?

知らない方はいらっしゃらないと思います。

では、パン食い競争の競技に出たことは?

私はパン食い競争に参加したことがありません。

もし私が競技に出たら、大体の想像がつきます。

パンの下で、ぴょんぴょん、パクパクもがいている自分の姿が・・・

同じような悩みを抱えてらっしゃる方大勢いると思います。

『パン食い競争に出るんだけど最後まで残ってパンがとれなかったらどうしよう。』

『走るの遅いけど、どうしよう。』

『あれ?準備って何が必要だったっけ?』

「見ているのは楽しいけど、競技に出るとなったら、どうしたらよいの?」

知っているようで知らない、パン食い競争に迫ってみようと思います。

  1. パン食い競争のルール、起源について。
  2. パン食い競争は英語でなんて言うの?海外でもパン食い競争はあるの?
  3. パン食い競争の準備をしよう。
  4. パン食い競争必勝法。
  5. パン食い競争のアナウンスの仕方。

この記事を読んだら、パンの下でパクパク、そんな醜態をさらすことはありません。

準備だって、あっという間にできあがりです。

パン食い競争のルール、どんな競技?起源?いつから定着している?

パン食い競争のパン

パン食い競争のルール

徒競走のコースの途中に、パンを吊るした障害物があります。

走者は手を使わずに、口でパンをくわえてゴールを目指します。

パン食い競争の起源

パン食い競争の有力な起源は2つあります。

  • 1896年(明治29年)の札幌農学校で開催された「遊戯会第15回大会」での「食菓競争」説
  • 1874年(明治7年)築地の海軍兵学寮「競闘遊戯会」で失敗した「あんパン」を譲りうけてパン食い競争が始まった説。

100年以上前からパン食い競争は行われていたんですね。

しかしながら、パン食い競争の人気に火をつけたのは、1945年の太平洋戦争敗戦後、深刻な食糧難です。

1946年9月の運動会ではパン食い競争が人気種目に躍り出たそうです。

Wikipedia パン食い競争より引用

パン食い競争は英語で何と言う?英語圏でもパン食い競争はある?

壁棚

パン食い競争=Bread eating competition

Goole翻訳より引用

辞書で調べてみました。

なんだか仰々しく、国際会議のような風格をかもし出していますね。

Bread eating raceくらいがちょうど良いのではないかと思います。

残念なことに、英語圏ではパン食い競争は存在していないようです。

ヨーロパッでは、ハロウィーンの時期に行われる“Apple bobbing”というゲームがあります。

水槽にリンゴを浮かべて、手を使わずに口でリンゴをくわえとるゲームです。

パン食い競争に似ていませんか?

パン食い競争で使う、あんパンやジャムパン、クリームパンなど日本特有のパンです。

甘くて、くわえやすく手に入りやすいものが、海外ではりんご、日本ではパンだったのではないでしょうか。

パン食い競争の準備をしよう

準備運動するうさぎ

準備するもの

  • 洗濯ばさみ
  • ビニールひも(麻ひもでも、毛糸でも大丈夫です)
  • 170㎝くらいの棒2本(競技者が小さな子供の場合は必要ありません)
  • 棒を支える人2名

洗濯ばさみにひもを通し、適当な長さに切って結ぶだけです。

パンを吊るすひもの長さは、走者の身長差もあるので色々な長さにしても良いでしょう。

作るのが手間な時はこんなのもおすすめです。

パン競争用ロープ(アマゾン)

5mくらいに切ったひもに、洗濯ばさみの付いた紐を競技の人数分結べば出来上がり。

あとは、両側で紐を持つなり、棒にくくりつけ、棒を持てばパン食い競争はいつでも始められます。

忘れてはいけないのは“パン”

吊るすときは袋に入ってるパンが好ましいです。

保管もしやすいし、万が一落としてしまっても食べられますよね。

パンを食べることにこだわるなら、ゴールしてからパンを食べ終わるまでが競技としても良いですよね。

パンの種類も、色々あっても面白いですよね。

食べたいパンを取りに行くのか、取りやすいパンを取りに行くのか、心理戦になりそうですね。

伝統を守る『あんぱん』っていうのも良いですね。

パン食い競争の必勝法!パンをうまくとるコツは?

パン食い競争

パン食い競争では、足の速さよりも、いかに吊るされているパンが早くとれるかが、勝負のカギとなります。

なにより、パンの下でぴょんぴょん、パクパクは避けて通りたいですよね。

手を使わずにいかに早くパンを、くわえるかを伝授していきます。

  1. パンにたどり着いたら、焦らない。(ココかなり重要です)
  2. パンが揺れていたら、パンの揺れを体で止めてください。
  3. パンを止めている洗濯ばさみのすぐ下に食らいつき、洗濯ばさみからもぎ取ります。

これで、パクパクなんて失態はおきません。

パン食い競争では、パンの下から、かぶりつこうとする人が大半です。

これではパンが大きく揺れてしまいます。

パンを揺らさないようにするためには、支点(パンをはさんでいる洗濯ばさみ辺り)の近くに力点(かぶりつくところ)を持っていけば物体(パン)が動きにくくなります。

ただ背が低く、洗濯ばさみの間際まで届かない方は、パンごと加えて、真下に引っ張りもぎ取りましょう。

 

参考動画:パン食い競争

パン食い競争

 

試したくなりましたか?

家の梁にでもパンを吊るして、試してみてください。

簡単にとれますよ。

パン食い競争のアナウンス原稿例文!

アナウンスする女性

入場

「午後最初の競技はプログラム〇番、保護者の皆さんによるパン食い競争です。お父さんお母さんが頑張ってパンを食べます。大きな声で応援しましょう。」

どの競技が行われるかをきちんとアナウンスできれば、アドリブで盛り上げる必要はありません。

競技中

「みんな勢いよくスタートしました。早い早い!赤組のお父さんが、パンにたどり着いた!パンがなかなか取れない!おっと白組のお父さんがパンをくわえて、取った!がんばれ赤組!赤組もパンが取れた!早い早い3メートルの差がもうほとんどありません。どちらも頑張れ!ほぼ同時にゴールです。きんさで、白組の勝ち!」

見たまま表現しましょう。

どちらのチームも応援しているスタンスが大事です。

冷静で飾った言葉ではなく、熱のこもったアナウンスの方が好感が持たれます。

退場

「保護者の方々の退場です。白熱した戦いで、運動会を盛り上げてくれたお父さん、お母さんに大きな拍手を送ってあげてください。」

退場時のアナウンスは、健闘してくださった保護者の方への、ねぎらいの言葉をかけましょう。

勝敗に触れる必要はありません。

まとめ

あんぱん

パン食い競争は、100年以上も前から行われてきた日本独自の競技です。

パン食い競争の人気に火をつけたのは、1945年の太平洋戦争敗戦後、深刻な食糧難です。

この年の運動会で、パン食い競争は人気種目になりました。

パン食い競争を英語で訳すなら“Bread eating race”でしょうか。

残念ながら、海外にはパン食い競争はありません。

“Apple bobbing”と言って、水に浮いたリンゴを口でくわえ取るという競技がパン食い競争に似ていますよね。

 

パン食い競争に必要なもの

  • 洗濯ばさみ
  • ビニールひも(麻ひもでも、毛糸でも大丈夫です)
  • 170㎝くらいの棒2本(競技者が小さな子供の場合は必要ありません)
  • 棒を支える人2名
  • 袋入りのパン

準備が簡単で、ひもを吊るしてお家でも練習できちゃいますよね。

パン食い競争で大切なのは足の速さではなく、いかに早くパンをもぎとるかです。

  • パンにたどり着いたら、焦らない。(ココかなり重要です)
  • パンが揺れていたら、パンの揺れを体で止めてください。
  • パンを止めている洗濯ばさみのすぐ下に食らいつき、洗濯ばさみからもぎ取ります。

焦らず、揺らさず、パンをもぎとる!

あとは、パンの下の金魚さんたちを横目にゴールまっしぐらです。

司会進行を頼まれても大丈夫です。

  • 入場では、現在どの競技が行われているのか正確に伝えましょう。
  • 競技中は、実況アナウンスで盛り上げましょう。アドリブで面白くするよりも、応援に徹してください。
  • 退場では、頑張ってくれた競技者のみなさんへねぎらいの言葉をかけてください。

いかがですか?

パン食い競争で「パクパク、最後までしてたらどうしよう」なんて恐怖心とれましたか?

コツさえ知れば、足が遅い人でも、パン食い競争では優勝が狙えますよ。

【こちらも読まれています】

借り物競争面白いお題小学校おすすめ10選!ルールとネーミングアイデアつき!
小学校の運動会で盛り上がりを見せる競技といえば借り物競走。ユーモアがあって楽しいですよね。そんな競技のネーミングや、ルールをどうするか、面白いお題はどうしようか、と考えてらっしゃる先生方に、みなさんが楽しめる借り物競争にできる方法を提案いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました