PR

借り物競争面白いお題小学校おすすめ10選!ルールとネーミングアイデアつき!

借り物競争

小学校の運動会で異例の盛り上がりを見せる競技といえば借り物競走

ユーモアがあって楽しいですよね。

運動が得意ではない子供でも、運よく早く借り物を見つけて一位になれる可能性が高いし、観客含め全員が楽しみやすい競技ですね。

一心不乱に借り物を探す小学生の姿はほほえましいです。

そんな競技のネーミングをどうしようか、ルールをどうするか、面白いお題といっても何を用意すればいいか考えてらっしゃる先生方に、みなさんが楽しめる借り物競争にできる方法を提案いたします。

難易度のさじ加減が難しい、借りる側、貸す側の気分を損ねるお題をつくっちゃったらどうしよう、と、そのあたりの線引きに困惑されてる先生方が多いことでしょう。

他の競技に比べてどんなシステムを組み込めばいいか一番悩む競技ではないでしょうか。

私自身もこの記事を執筆するとき、何を提案すればいいかなかなか決められませんでした。

しかし調べてみてわかったのですが、そんな問題を解決できる方法が実はあるんです。

競技名が「借り物競争」とありますが、柔軟に「物だけでなく人も対象にする」など、お題のジャンルの幅を広げれば、アイデアが浮かびやすくなります。

それでは具体例を交えて解説いたしますのでお付き合いいただければ幸いです。

借り物競争の競技ルールは?

ルール

借り物競争の面白いところは、「運に左右されて誰が勝つか予想しにくい」面なので、その特徴を生かしながらスムーズにレースを進行できるルールにしましょう。

制限時間

一回の競争ごとに制限時間を設けて、少しあせるようにしておくとレースがスムーズに進みます。

制限時間が経つとそのレースを終了とします。

もしくは「とにかくなにか生徒に借りさせてレースを完遂させてあげたい」とお思いであれば、簡単な別のお題を設けてみてはいかがでしょうか。

捜索範囲

探す範囲も決めておきましょう。

例えばグラウンドで競技するならグラウンド内、といったように目の届かないところまで探させないように範囲をとどめておきましょう。

特に選手が小学生だと、予測できないところまで走って探すことも考えられますので、範囲ギリギリのところで見張りを配置するのも一つですね。

走行距離

お題を書いた紙までの距離は20m~30mを目安に設定するといいでしょう。

走る速さより、借り物を見つける速さでほぼ勝敗が決まる方が、だれが勝つかわからない楽しさがありますよね。

審判の配置

選手がお題にのっとった借り物を用意できたかチェックする人も必要です。

選手が小学生なら保護者、先生向けより甘口にすることをおすすめします。

保護者、もしくは先生と一緒に走る

お題を一人で探すのが難しい場合、保護者の方や先生と一緒に探すのも楽しいですよ。

参考動画をご紹介します。

レースをスムーズに進めるポイント

借り物が書かれてる紙や字の大きさ

紙はA4くらい大きくして、字も紙いっぱいになるように書いておくといいですね。

選手がなんの借り物を探しているか、観客にもはっきりとわかりやすくしましょう。

難易度の調整

基本的にあまり難易度が高くないお題を集めて、たまにちょっと難しいお題、面白いお題をアクセントとして取り入れるくらいがちょうどいいでしょう。

貸しやすい物

携帯電話や財布など、壊れやすい物や貴重品は避けましょう。

貸す側も借りる側も安心できる物をお題にしましょう。

借り物競争面白いお題小学校おすすめ10選!

黒板を持った子ども

「まさかこんなお題を出すなんて!」といった意外性を感じるお題をおすすめします。

「これはぜったいこの場にいないだろう」という人

アニメキャラのコスプレや着ぐるみをしてる大人

借りられなさそうな人はこっそり忍ばせておくと盛り上がることでしょう。

選手も自分の好きなアニメキャラを連れて楽しく走るはずです。

モノマネができる人

お堅い感じの方がモノマネ上手だと、ギャップで盛り上がることまちがいなしです。

誰がどんなモノマネをするか気になって順位は二の次になってしまいそうですね。

お題の物を借りて、さらにアクションを加えたもの

誰も持ってなさそうな物なら、あらかじめ用意しておきましょう。

動物系かアニメキャラのデザインのかぶり物を被って走る

選手が気に入った動物やキャラクターなら、楽しんでゴールに突き進むことでしょう。

先生の上着を羽織って走る

大人サイズの上着を羽織りながら走るのもなんだかほほえましいですね。

~そうな人、~っぽい人

  • [気の強そうな人]
  • [お金を持ってそうな人]
  • [明るそうな人]
  • [面白そうな人]
  • [~に似てる人]

子供の自由な発想に任せるお題も、予測がつかない面白さがありますね。

タイトルとURLをコピーしました