PR

運動会の台風の目ネーミング・アレンジアイデア5選!アナウンス原稿つき!

コーン側でしっかり支えているのが印象的です。

団体で走る競技ですから、動いている間はアレンジが少し難しいかもしれません。

最後のアンカーが棒を回収して立てるところにあるカラーコーンに、台風の目を描いておくのもいいアレンジ方法の一つだと思いますよ。

 

台風の参考記事

運動会の台風の目ネーミング・アレンジアイデア5選!その5:旋風

竜巻

旋風とは竜巻のように渦巻いた風のことです。

すばしっこいイメージがあって運動会ではいい競技ができそうなネーミングですね。

他のネーミングは横文字が多かったので漢字を使いたい場合に使えそうです。

運動会の看板に龍や虎を使っていたりする学校もあるでしょうから、和の雰囲気にも合いそうですね。

鳴門の渦潮にピンとこない場合にも使えそうです。

勢いよく走ってなるべく小回りを意識できそうなネーミングですので

この動画を見て小回りの参考にしてください。

色々な回り方をしています。

円が小さいほど、回るのもゴールするのも速くなります。

台風の目の競技につかえるアナウンス原稿!

入場から退場までの流れをみていきましょう。

競技のイメージしやすくなりますし、実際にアナウンス担当になっている方は是非参考にしてみてください。

ここでは競技名を台風の目で紹介しますね。

入場

「次は○年生徒による台風の目です。元気いっぱいに回ってクラスが一丸となって頑張る姿を応援してください」

競技中

「いっせいにスタートしました」

「まずは○組、速いです。続いて○組も追い上げていきます」

「ジャンプがクラスでまとまっている○組、速いです」

「○組、回りが速いです」

「○組、アンカーになりました」

「○組がゴールです」

退場

「どの組も素晴らしい走りでした。一丸となって台風のように回っていましたね」

「○年、退場です」

この競技では、転ぶこともあるかと思いますが、回っている時に棒から外れる人が出ることもある競技です。

その際は、「速い回転に手が離れてしまいます」「素早いです」などひと声送れるように考えておくのもいいですね。

まとめ

ジャンプする女の子たち

 

  1. ○○(学校名)ハリケーン 思い出にも残るネーミングに
  2. 台風一過 ゼッケンをつけて引っ張る子を決めておく方法もある
  3. 鳴門の渦潮 地域性が出てくるしマイナスイメージに繋がらない
  4. タイフーンレース 力強く踏ん張るイメージで
  5. 旋風 竜巻のように素早く、小回りをきかせて
  6. アナウンスは回る時に起こりやすいハプニングを想定しておく

台風の目は、クラスが一致団結して頑張れる競技の一つです。

一緒に並んで走ってチームワークを駆使して協力していくので、ネーミングを一緒に考えたりすると更に仲間意識が強まりますね。

私もクラスの仲間たちと一緒に並んで走るのは、練習でも一緒に行動するのでリレーより楽しかった思い出があります。

楽しい思いで作りができるとともに、一致団結して勝利をつかめるよう祈っています!

タイトルとURLをコピーしました