【2020最新】運動会撮影に便利なスマホアクセサリ5選!撮影のコツは?

運動会

運動会といえば、子供だけじゃなく保護者もついつい我が子の頑張っている姿を撮影しようと奮闘してしまうものです。

最近ではスマホで撮影される方も多いですが、どうしてもスマホ単体だと手ブレなどが気になるのではないでしょうか。

そんな保護者の方に運動会の撮影で使えるスマホアクセサリを紹介していきます。

【2020最新】運動会スマホ撮影に便利なアクセサリ5選!その1:望遠レンズ

望遠レンズ

商品情報
価格 3,299円
  • Bluetooth対応、魚眼レンズ付き、リモコン付き、三脚

簡単に取り付けが可能!

こちらの商品はただ、カメラレンズ部分にクリップで挟むだけで望遠レンズに早変わりします。

スマホに取り付けなくても、そのまま望遠レンズとしても使用が可能です。

動画で取り付け方を解説

ActyGo望遠付きスマホレンズセット Amazon1位の18倍望遠はどう映るのか?

こちらの動画で詳しく取り付け方を説明されています。

どのように望遠レンズが写っているのかも確認ができますので参考にしてみてください。

三脚がかなりコンパクト

ついてくる三脚はかなりコンパクトなものなので、あえて使用しないほうがやりやすいかもしれません。

運動会では遠くから撮ることがデフォルト

なぜこの望遠レンズをおすすめしたのかと言うと、運動会ではかなり広い敷地で行われることが多く、撮影場所から子供が遠く離れていることが多いのです。

だからこそ、この望遠レンズを使用すれば、ある程度遠く離れていてもまるで近くにいるような撮影が可能になります。

様々なタイプの望遠レンズが発売されていますので(100均でも販売されています)、自分のスマホに合った望遠レンズを探してみてくださいね。

【2020最新】運動会スマホ撮影に便利なアクセサリ5選!その2:モバイルバッテリー

モバイルバッテリー

 

商品情報
価格 2,980円
寸法 16.2×7.6x2cm
充電容量 24000mAh

スマホ撮影には欠かせないバッテリー

スマホで撮影していると、思わぬところで充電が切れてしまった…!という経験をした方も多いのではないでしょうか。

そんなときに活躍するのは、こういったモバイルバッテリーなのです。

一つ持っておくと、前の日に充電を忘れてしまっていても簡単に充電が可能です。

どのモバイルバッテリーがいいの?

【検証】大量のモバイルバッテリー買って最高のモバブを探す!

こちらの動画ではモバイルバッテリーの比較をされているので、購入される場合は参考にしてみてくださいね。

特別な日は何かと忘れやすいもの

次の日が運動会などのイベント事があると、普段とは違う生活になるため、何かしら忘れていることがあったりします。

とくにスマホの充電を忘れてしまう人もおおいのではないでしょうか。

スマホだけじゃなく、ビデオカメラの充電を忘れていて当日使えなかった…ということにならないように充電できるモバイルバッテリーを持っておきましょう。

【2020最新】運動会スマホ撮影に便利なアクセサリ5選!その3:ジンバル

ジンバル

商品情報
価格 12,931円
寸法 16.2×6.2×17.9cm

実際にジンバルを装着した動画

ジンバル撮影動画(ダッシュ) by TIME&SPACE

こちらの動画では実際にジンバルを装着して動画を撮影されています。

ほとんど手ブレがないことがわかる動画になっていますね。

圧倒的に手ブレを解消できることで話題になっていた

手で持ちながら撮影していると、どうしても手ブレを解消できず、撮影直後は気にならなくても、後で見返したときに手ブレが気になってしまうものです。

こちらの道具を使用することによって手ブレがかなり解消されます

その上、最近のスマホの手ブレ修正を加えると、さらに質のいい動画を撮影することが可能です。YouTuberも愛用している人も多いので、一度試してみてはいかがですか?

【2020最新】運動会スマホ撮影に便利なアクセサリ5選!その4:三脚

 

三脚

 

商品情報
価格 3,980円

一番前でも使える三脚

運良く一番前で撮影する時、手に持ったままだと疲れてしまうこともあります。

そんなときにこの三脚があるだけで、疲れから開放されます。

それほど大きなサイズではないので、他人の迷惑になることも少ないでしょう。

一番後ろ側でも使える三脚

こちらで紹介した三脚はなんと2mも伸ばすことができるので、人の頭に遮られることなく撮影が可能になっています。

やはり、撮影するなら人に遮られることなく撮影したいものです。

【2020最新】運動会スマホ撮影に便利なアクセサリ5選!その5:スマホケース

スマホケース

 

商品情報
価格 1,158円
対応機種 iPhoneXR/X/8/8plus/7/7plus/6/6plus/Android

なぜスマホケース?

こちらのスマホケースの優れているところは、完全防水になっているということと、運動会ではたくさんの砂や埃にまみれてしまう可能性が高いです。

こちらのスマホケースに入れておくことで砂などから守られますし、なによりもこのケースの上からスマホをタップすることができるすぐれものです。

対応機種が限られるのが難点…

問題になってくるのは、せっかく購入しても使用しているスマホが入らなくては意味がありません。

最近の機種では縦長タイプのものが流行してきていますので、入らない可能性もあります。

スマホ・iPhoneでのポイントや使えるテクニックとは?

カメラを持つ男性

さて、様々なスマホアクセサリを紹介してきましたが、スマホで撮影するにあたって使えるポイントやテクニックについて調べてみました。

被写体にピントを合わせる

意外とできていないのが、被写体にピントを合わせることではないでしょうか。

最近のスマホだとマニュアルにしない限り、勝手にオートフォーカスになるので無理に合わせる必要がありません。

人の顔を認識して勝手にピントを合わせてくれるスマホもありますので、そういったスマホで撮影すると、普通のカメラレンズで撮影するよりも高画質に撮影が可能です。

画像はグリット線を出して画角を決める

動画を撮影しているときには出ないかもしれませんが、画像を撮影するときは、グリット線と呼ばれるものを表示させておきましょう。

グリット線というのは、スマホ画面に9分割ほどされた線のことになります。

必ず真ん中に興味がある被写体を収めておくことで、素敵な画像に仕上がります。

上手くいかないときはアクセサリを使うとより効果的!

スマホに使えるアクセサリは上記でご紹介してきましたが、それらのアクセサリを使うことで、手ブレがなかったり、ズームにしても鮮明な動画が撮影できたりします。

ほとんどのアクセサリは高いものばかりではないので、試しに使用してみるのもいいでしょう。

まとめ

まとめ

運動会に使えるスマホアクセサリを5種紹介してきました。

どんなアクセサリがあったのか、一度まとめてみましょう。

 

  • 望遠レンズを使用することで、遠くにいる我が子を撮すのが簡単になる
  • モバイルバッテリーはスマホ充電が切れてしまったときに使える
  • ジンバルを使用することによって手ブレがかなり軽減される
  • 三脚は一番うしろで撮影しなくてはならなくなったときに使いやすい
  • 防水にもなっているスマホケースがあると砂やホコリから守ってもらえる

たくさんのスマホアクセサリが売られていますが、どれもそれほど高い価格で売り出されていないので、試しに使ってみてもいいのではないでしょうか。

とくにモバイルバッテリーは普段遣いでも重宝するものですし、防水にもなっているスマホケースはそのままでも使用可能なので購入する価値ありです。

運動会ではたくさんの人たちが我が子を映そうと様々な道具で撮影されています。

こちらの記事がその手助けになれば幸いです。

【次に読むべき記事はこちら】

運動会の撮影のコツ!スマホ・iPhoneでのポイントや使えるテクニック!
運動会は子どもたちの成長しているのがわかりやすい大会ですよね。そんな子どもたちの成長をスマホやiPhoneで撮影しておきたい!という両親必見です!この記事ではどのように撮影すれば子どもたちの頑張っている姿がしっかりと撮影できるのか?などをまとめていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました