運動会の日が雨で体育館開催に!室内でできる競技3選・できない競技3選!

体育館

この記事では、運動会が雨で体育館開催になってしまった時の対処法を学校の先生方へ向けてご紹介していきます。

子供たちが楽しみにしている運動会、雨でも開催の学校では外で出来る競技も室内の場合出来なくなってしまうこともあります。

そのため、事前に体育館開催になっても大丈夫なようにプログラムを後からでも変更できるようにしておくことが大切です。

ここからは、体育館でもできる競技3選と室内では危ない・できない競技3選をまとめていきます。

運動会の日が雨で体育館開催に!室内でできる競技3選!その1綱引き

綱引き

綱引きはクラスごとや学年10名ほどなどで分かれてやることをおすすめします。

外でももちろん出来る競技ですが室内でも綱引きなら危険性も低くできるので外でやる予定だったプログラムをそのまま使うことが出来るのでおすすめです。

ただし、上靴は外よりも滑りやすいので転倒には十分注意して行いましょう。

競技前に雑巾で上靴の裏を軽く拭くことをおすすめします。

運動会の日が雨で体育館開催に!室内でできる競技3選!その2玉入れ

玉入れ

玉入れは私のいる地域では低学年がやっているイメージが多いですが中学年・高学年、もちろん保護者や先生でもできる競技です。

屋外・室内場所を問わずできますし、危険性もあまりなく簡単な競技なのでルール説明が楽なのが特徴です。

転ばないように、そしてぶつからないように気を付けることが重要です。

運動会の日が雨で体育館開催に!室内でできる競技3選!その3たまご競争

たまご競争

たまご競争とは、おたまにピンポン玉など転がりやすいボールを入れて走る競技です。

徒競走のようにスピードが出ないため、転んだり滑ってしまう危険性が少ない競技で見てて楽しいのも特徴です。

おたまやボールは、効率よく回る様に必要な数をしっかりと確認しておきましょう。

運動会の日が雨で体育館開催に!室内でできない競技3選!その1組体操

組体操

屋外での組体操も危険とされている競技ですが特に室内では体育館の床は固く頭を打つと脳震盪になったり、床が衝撃を吸収せずにけがをしてしまうのでやめたほうがいいでしょう。

どうしても練習の成果を見せたい!という場合はマットを敷くなどの工夫をすることが大切でしょう。

運動会の日が雨で体育館開催に!室内でできない競技3選!その2大玉転がし

大玉転がし

楽しい競技の1つの大玉転がしですが室内の狭い体育館でやるには危険性の高い競技です。

子供たちは競争に必死で保護者席に大玉が行くのを気にすることが出来ません。

そのため、保護者の方々やその中にもご高齢の方・小さい子供や赤ちゃんもいることを考えると危険なのでやめたほうが良いでしょう。

運動会の日が雨で体育館開催に!室内でできない競技3選!その3徒競走

徒競走

徒競走は運動会でもメイン種目といっても過言ではない競技ではないでしょうか?

ですが、雨で湿気のある体育館の床は特に滑りやすく転倒の危険性も高い競技となってしまいます。

外で走るのとは間隔が違うため、ぶつかってしまったりすることもあるでしょう。

とても楽しみにしている競技ではありますがケガの危険性を考えてやらないことをおすすめします。

体育館で開催する時に競技以外の注意点は?

トイレの順番待ち

 体育館で運動会を開催する場合、保護者席は大幅に狭くなってしまいます。

足が悪く椅子でなければ座れない方、小さいお子さんを連れている方などずっとその場にいることが難しい方のことも考え椅子席やフリースペースを少しでも取ることも大切になります。

狭い保護者席でお昼を食べるのが困難な場合は午前中開催のプログラムを作成しなるべく早めに運動会を終了しましょう。

また、トイレは特に混雑が予想されるため、体育館のトイレだけではなく学校内の他のトイレを開放するなどの工夫をすると良いでしょう。

まとめ

大縄跳び

最後にまとめてみていきましょう。

 

室内でできる競技3選

 綱引き

綱引きは人数調整によって幅を縮小できますし、危険性も低いため保護者が見やすい室内でできるのでおすすめです。

玉入れ

玉入れは、危険性も少なく低学年から高学年までの全学年だけではなく保護者や先生も参加しやすいのでおすすめの競技です。

たまご競争

たまご競争とはおたまにピンポン玉などを入れて走る競技で徒競走の代わりにもなり、スピードが出すぎないため危険性が低いためおすすめです。

室内でできない競技3選

組体操

組体操を室内でやると床に転倒した場合直接頭などに衝撃がかかるためとても危険です。

大玉転がし

大玉転がしをしている生徒たちは保護者席に入ってしまうことまで考える余裕もなく競争に集中してしまうため小さいお子さんや高齢者の方が見に来ていることも考えると危険なのでやめたほうが良いでしょう。

徒競走

徒競走は運動会のメイン種目ですが、室内では雨で湿気のついた床は滑りやすく転倒の危険性があるのでやめたほうが良いでしょう。

体育館で開催する時に競技以外の注意点は?

 体育館では保護者席が十分に取ることは難しいでしょう。

そのため、午前中で競技を終了したり、フリースペースや椅子席の確保をしましょう。

また、トイレは体育館のトイレだけではなく学校内のトイレを開放し混雑を防ぐことが大切になってきます。

いかがでしたでしょうか?

せっかく楽しみにしていた運動会を雨で体育館開催になる場合でもケガには特に気を付けて生徒や保護者を守ることが大切になってきます。

先生方や保護者で一丸となり協力が必要になるためしっかりと呼びかけをし楽しい運動会にしてください☆

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました