騎馬戦のコツ!騎手が騎馬と一体になって戦う方法!

騎馬戦

運動会の定番競技になっている騎馬戦!

花形競技の一つですが、会場全体が白熱する最も盛り上がる競技ではないでしょうか。

実は私は運動音痴で…(笑)運動会といえば『暑いなぁ、しんどいなぁ』なんて思っていたのですが、騎馬戦になるとあの独特の雰囲気に『よしっ!行くぞ!』と闘争心が掻き立てられたものです。

応援にも力が入りますし、戦っている姿はとてもかっこよく見えますよね。

そこで今回は騎馬戦の大将に選ばれた小学校高学年の皆さんに、ヒーロー・ヒロインになれる騎馬戦のコツをお伝えしていきます!

騎手に注目が集まりがちですが、騎馬があってこその騎馬戦です!

騎手・騎馬が一体になる事で勝利を掴みやすくなります。

大切なのは、【騎手と騎馬が一体になる事!】

では、詳しくお伝えしましょう♪

騎馬戦のコツ!騎手と騎馬が一体になって戦う方法!

3人で手を合わせる

騎馬戦といえば、どうしても一番目立つ騎手に勝敗がかかっているように見えますが、それは大きな間違いです。

どんなに騎手が頑張っても騎馬が崩れてしまえば、勝つことはできませんよね。

騎手と騎馬が心を合わせ、それぞれの役割をはたす事が大切になってきます!

騎手の役割はもちろん相手の帽子を取る事ですが、攻撃を仕掛けたり交わしたり騎馬の上で臨機応変に動かなくてはなりません。

ここで騎馬の役割が重要になってきます。

騎手が自由に動けるように、騎馬のバランスを保つことがとても重要です!

騎手任せにしてしまうと、状況が掴めずに騎手の動きの反動で騎馬が崩れてしまいやすくなります。

そうならないためにも騎馬の人選は大切ですよね!

では、実際どんな人を騎馬に選べばいいのか。

騎馬戦とは、相手の帽子や鉢巻きを奪うか、相手の騎馬を崩した方が勝ちとなる競技です。

帽子を取るためには相手の頭上から手を伸ばした方が有利なので、騎馬には背が高い人を選ぶといいですね。

そして、騎手のバランスを崩さないように足腰の強さも必要です。

安定感が重要なので、騎馬の身長はできるだけ同じくらいになるように選びましょう。

もう一つ!

状況に応じて俊敏に動ける瞬発力もあれば最高の騎馬を作る事ができますね。

  • 背が高く足腰が強く俊敏に動ける人を騎馬に!
  • 騎馬の身長は揃えて安定感抜群の騎馬を作りましょう!

騎手と騎馬がそれぞれ自分の役割を理解し、信頼し合う事が大切です。

騎手は『絶対に大丈夫!支えてくれる!』

騎馬は『絶対に落とさない!安心して攻撃してくれ!』

なんて心を合わせる事ができれば、勝利は目前です٩( ᐛ )و

とても参考になる動画をご紹介します!

小学校 騎馬戦

この動画をみると、騎手・騎馬に背の高い人を選ぶ事がどれだけ有利かが分かります!

白組、強いですね!

騎馬の安定感も抜群です。

明らかに高さでは不利ですが、赤組1番目との勝負は見応えがあります。

私もついつい息を止めて見入ってしまいました(笑)

騎馬の安定感があれば赤組が勝てていたかもしれませんよね。

騎馬戦のコツ!騎手が騎馬から落下せずにスピードをコントロールするには?

武将

騎馬戦で勝つためには、状況に応じて自由自在に動ける機動力も大切ですね。

ここでも心を合わせる事が大切になってきます。

みんなが勝手気ままに動いてしまえば落馬の原因にもなりますし、素早く動く事も困難になります。

騎手が一番周りの状況を把握しやすいですが、競技が始まると集中しすぎて周りの状況が見えなくなる事もありますので、騎馬の人からの目線も大切になります。

声を掛け合って、フォローし合いましょう!

ガッチリと安定感のある騎馬を組む事ができれば落馬の危険性も減りますし、全員に動きも伝わりやすくなります。

イメージは、腕をロープに例えると動くたびフラフラとしてしまいますが棒だったら?

動く方向、タイミング、スピードがダイレクトに伝わり皆が一斉に動けますよね。

そして、ここぞという時には一番視界の開けている騎手が合図を出して一気に攻めましょう!

合図は短い言葉で全員に伝わるような言葉を事前に決めておいた方がいいですね。

騎馬にしかわからない状況や、騎手の死角になっている所もありますので、騎手任せにせずに騎馬の人も遠慮せずに声をかけましょう!

スピードをコントロールする方法ですが、ここぞという時には騎手は立ち上がりましょう。

走る時には上下に振動が伝わります。

騎手が座った状態でいると、足を支える負担とお尻を支える負担が交互に騎馬にかかる事になります。

騎手が立ち上がる事をスピードを出す合図にしてもいいですね。

  • ガッチリと騎馬を組んで、声を掛け合う事!
  • ここぞという時には騎手が立ち上がってスピードアップする事!

これで機動力抜群の騎馬ができますヽ(*´∀`)

騎馬戦のコツ!騎手が騎馬から落ちないようにする組み方は?

白組の騎馬

騎馬の安定感が重要だとお伝えしてきましたが、組み方のコツも知っておかなければなりません。

騎馬の人数は学校によって変わると思いますが、一番メジャーなのは〔騎馬3人+騎手〕の4人組ではないでしょうか?

全体の人数によっては騎馬を2人で組む場合もあるかと思いますが、コツを知って安定感抜群の騎馬を作りましょう!

騎馬を4人で組む場合(騎手+騎馬3人)

騎馬を3人で組む場合、前に1人がきてその後ろに2人が並びます。

騎手の体重が一番かかるのは騎馬の正面になる人なので、体力・脚力のある人がおすすめです。

騎馬となる人全員の身長が同じくらいが一番望ましいですが、特に後ろ左右に並ぶ人の身長はできるだけ合わせておきましょう。

身長を揃える事で、騎馬の安定感はよくなります。

そして、後ろ左右の人は前の人の肩に手を置く時に、交差させる事で崩れにくい騎馬を作る事ができます。

後ろ左の人

  • 左手 → 前の人の左手と繋ぐ
  • 右手 → 前の人の右肩に

後ろ右の人

  • 右手 → 前の人の右手と繋ぐ
  • 左手 → 前の人の左肩に

こうする事によってとても崩れにくなります!

騎馬を3人で組む場合(騎手+騎馬2人)

騎馬を2人で組む場合の組み方は2通りあります。

向かい合って組む方法

2人が向かい合って立ち、右手で自分の肘を掴み左手で相手の肩に置きます。

体と体の間に3つの四角ができますので両端に騎手の足が入る事になります。

騎馬が崩れにくく騎手を高い位置に持ち上げられますが、瞬発力・スピードにかけてしまうという欠点もあります。

前後で組む場合

前後に並び手を繋ぎます。

この時重要なことは騎馬の身長を合わす事、前に体重がかかりますので足腰の強い人が前に来るといいでしょう。

後ろの人は、前が全く見えなくないますのでどんな動きにも対応できる瞬発力・順応力のある人がいいですね。

攻撃を交わす際に騎手が後ろに倒れる事もありますので後ろの人も油断は禁物です。

手の繋ぎ方は、いずれの場合も指を交互に組んで外れにくいようにする必要があります。

自分たちにはどの組み方が一番合っているか、力を発揮できるか…話し合って決めましょう!

騎手と騎馬の相性が合わない場合はどうする?

ケンカする子供

騎馬戦にはチームワークが必要です!

騎手と騎馬が信頼しあって心を一つにしなければ、いくら完璧な人選をしたとしても本来の力を発揮することはできません。

ぶつかり合う激しい競技ですから、落下事故などを防ぐためにも騎手と騎馬の相性は大切です。

でも人間ですから、相性のいい・悪いはありますよね( ; ; )

お互いの役割をみんなで話し合って決め、〔勝つ!〕という目標に向かって心を合わせる事ができれば一番いいですが、どうしても無理な場合は人選をやり直す事も1つの手段です。

人選についてはお伝えしてきましたが、例えば背の高い人を集められなくても瞬発力と団結力でカバーすることは可能です。

高さで相手チームの騎馬に負けていても、チャンスを逃さず騎馬の上で立ち上がる事ができれば相手の帽子を奪う事もできます。

相性が合わない場合は

『どうせやるなら勝とう!勝つためにどうする?』

と話し合い、人選のやり直しも候補に入れつつみんなで考えてみる事が必要ですね!

最後に

赤の騎馬

騎馬戦のコツ!騎手が騎馬と一体になって戦う方法!

いかがでしたか?

 

【今回お伝えしたコツ】

  • 騎手と騎馬が一体になって戦う方法!
  • 騎手が騎馬から落馬せずにスピードをコントロールするには?
  • 騎手が騎馬から落ちないようにする組み方は?
  • 騎手と騎馬の相性が合わない場合はどうする?

騎手と騎馬、どちらが欠けても騎馬戦はできません。

それぞれが自分の役割をしっかりと理解して、信頼し合う事で勝利はぐんと近くなります!

騎馬は崩れないように安定感を維持できる組み方をしましょう!

心を合わせる事ができれば、スピードコントロールも簡単になります。

そして、どうしても相性が合わない時は思い切って人選を考え直す事も有効な手段になります。

観客を魅了する騎馬戦!

勇しく立ち向かって相手の帽子を取る姿はとてもとてもかっこいいですよね(≧∇≦)

私も小学生の時、騎馬戦の応援中に『えっ?あんなにかっこよかったけ〜っ!!』なんて友達と盛り上がったのを今でも覚えています(笑)

皆さんも騎馬戦のコツを知って、ヒーロー・ヒロインになっちゃいましょう!

この記事がお役に立てますように…♪

【こちらも読まれています】

騎馬戦のアナウンス!小学校の入退場・団体戦・大将戦そのまま使える原稿例文!
皆さんは「運動会」と言えば、何を想い浮かべますか?たくさんの競技ありますね。そして、終盤に差し掛かると、高学年による「騎馬戦」が盛り上がります。ですが、盛り上げる影の立役者「放送係」の存在もあります!ここでは「騎馬戦」のアナウンスについて解説します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました