保育園・幼稚園運動会おやつ交換おすすめ人気お菓子5選!

カルシウム配合で栄養面にも優れ、1972年から発売のロングセラー商品で今もたくさんの人に親しまれています。

参考動画をご紹介します。

楽しく食べてる様子がとてもほほえましいですね。

 

今日のおやつ7か月からのハイハイン★赤ちゃんせんべい

今日のおやつ7か月からのハイハイン★赤ちゃんせんべい

保育園・幼稚園運動会おやつ交換おすすめお菓子5選! その4:やさしいラムネ(13g×5連)【サンコー】

やさしいラムネ(13g×5連)【サンコー】

価格 242円(税込)
満足度 5.0
ポイント
  • ほどよい酸味
  • 皆でおいしく食べれる
  • 小粒
  • 見た目が癒される

 

 

すごくいやされますよね。

とてもかわいいパッケージで、こまめに食べられるように小分けになってて便利です。

小粒サイズで食べやすく、5匹の動物が特徴的です。

保育園・幼稚園運動会おやつ交換おすすめお菓子5選! その5:プチホワイトマシュマロ(40袋入)

プチホワイトマシュマロ(40袋入)

価格 432円(税込)
満足度 5.0
ポイント
  • さりげない甘い香り
  • 口どけがいい
  • 低カロリー
  • 少し弾力を感じにくい
  • 小さくかわいい

 

 

マシュマロは弾力により食べにくいこともありますが、こちらは食べやすく工夫されているのでおすすめです。

とても小さいので食べる量を調整しやすいし、甘い香りはさりげなく、好き嫌いが出にくいでしょう。

パッケージのイメージがマシュマロならではのふんわりした食感とピッタリなのも魅力です。

小粒なので弾力を感じにくいかもしれませんが、それだけ食べやすいということなので、小さなお子さんに食べさせるなら安心できますね。

パッケージはさわやかなパステルカラーで、白くてかわいい動物たちが印象的です。

嫌がられるお菓子は?注意をしたいアレルギーは?

たくさんのお菓子

嫌がられるお菓子

小さなお子さんは運動会の休憩中でも競技を行っていた余韻がまだ残ってたり、「さあこれからも競技だ」と意気込んだりして動き回ることが考えられるので、特にケガにつながるおそれのあるお菓子は避けた方がいいですね。

それとやはりできることなら保護者の間の人間関係にも気をつけたいところですよね。

それでは解説していきます。

棒付きのお菓子

走り回ってのどにささることが考えられますので避けておきましょう。

手作りお菓子

もらう側からすると、なかには衛生面が気になる人がいたり、手間暇かけて作ってもらったのが申し訳ないと思う人がいるかもしれません。

市販のお菓子にした方がてがたいです。

高価すぎるお菓子

こちらももらった人はそれに見合った金額のお菓子を用意してないと、気まずく感じることがあるので、周りと比べて平均~少しだけ高いお菓子が望ましいです。

あめ玉

ほおばりながら走り回るとのどにつまるかもしれません。

やわらかい、かみちぎりやすい、小さい、といったお菓子をおすすめします。

チョコなど溶けやすい物

気温によっては携帯中に溶けてしまうこともあるので注意が必要です。

保存方法が「高温、多湿、直射日光を避けるもの」の他に、「〇度以下の涼しい場所で保存してください」と表示されることがあるため、よく確認しましょう。

スナックなどでおおわれたお菓子だとそういった不安が少なくなりますね。

荷物がかさばらないお菓子

大きいサイズだと食べきれなかったり、持ち帰る場合だとカバンに無理に詰め込んで形がくずれることもあるので、個包装もしくは少数に分けてパックに入ったお菓子にしましょう。

ただし、個包装や少数に分けたパックは原材料などが表示されてないことがあるので、確認が必要なら大きなパッケージも持っていきましょう。

習慣で食べられないお菓子

ご家庭のルールにより、食べてはいけない原材料があったりするので、そういった事情を確認しておくのも重要ですね。

そのお子さん自身が嫌ってるお菓子

まだ食べたくない食べ物が多い年齢層なので、そういう意味でも事前に確認した方がいいでしょう。

注意をしたいアレルギー

近年アレルギー対策の意識が強まり、おやつ交換が禁止されるようになってきました。

そういった事情もふまえて、どんなアレルギーに気をつければいいか判断する必要があります。

特定原材料

特定原材料

発症数が多かったり、重症度が高いため、商品の原材料として扱ってる場合、表示を義務付けられる品目のことです。

現在、「卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かに」の7品目になります。

 

特定原材料に準ずるもの

食物アレルギーを引き起こしたことが判明した食品のうち、症例数や重症度が特定原材料より少ないものとして定められた品目のことです。

原材料として扱う場合、表示を勧められており、特定原材料にするか引き続き調査が必要とされています。

 

現在「アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン」の21品目になります。

義務付けられてはいないので表示されない場合があります。

確認するのであれば、メーカーに問い合わせたり、信頼できる医師に相談するといった方法もあります。

他の原材料でもアレルギー反応を起こす人もいるので確認しましょう。

そして製品のリニューアルなどの理由から原材料が変わることがあるので、購入するときや、食べるときも注意が必要です。

まとめ

マカロン

 

  • おやつ交換は昭和時代から自然と発生した。
  • 用意する数はクラスの人数分~それより少し多めにする。
  • 種類は2~3種類。
  • 「ゼリー」「グミ」「ソフトせんべい」「ラムネ」「マシュマロ」がおすすめ。

マルタ ひとくちりんごゼリー

  • 寒天入りで軽い食感。
  • やさしい甘味。

春日井 5連グミ100 23g×5袋

  • フルーティーでやわらかい食感。
  • 種類も豊富。

亀田製菓 ハイハイン 53G

  • せんべいなのにくちどけがよく、赤ちゃんでも握りやすい。
  • 湯冷ましや麦茶と一緒に食べたり、ちぎったりして食べるとより安心。
  • 筒形のお菓子ケースに入れると割れにくい。

やさしいラムネ(13g×5連)【サンコー】

  • いやされるデザイン。
  • 丁度いい酸味。
  • 小粒で口どけがよく、食べやすい。

プチホワイトマシュマロ(40袋入)

  • 口どけが良い。
  • 弾力を感じにくいが、それだけ小粒で食べやすい。

 

最後に気をつけてほしいことは、消費期限にも注意することです。

日付けがおやつ交換する日以降だとしても、間近だといい気分にならない方もいらっしゃるかもしれません。

できるだけ新しく出荷されたお菓子にすることをおすすめします。

あげるときももらう側も、お互いのお子さんが何が食べられるか前もって確認しておくと安心ですね。

こういったイベントごとは気をつけるところが多くて確かに大変かもしれません。

しかし、きっと周囲の人に「色んなことに気を配ってくれてるんだな」と、感心されるので、それだけでもじゅうぶんにお菓子選びを慎重に行う意味があると思っています。

この記事を参考にして、読者の方やお子さんが安心して皆さんと仲良く交流できれば幸いです。

【こちらも読まれています】

保育園運動会の開会・閉会園長先生の挨拶例文!春・秋・室内・延期の場合は?
保育園の運動会で、園長として心に残る挨拶をしたい。地域の方、来賓、保護者が園長挨拶を聞く数少ない機会。運動会の挨拶で園長の評価をされてしまう。そう、思いますよね。そこで、今回は色々な場面の運動会での園長挨拶の例文をご紹介したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました