母子家庭の運動会のお弁当はどうする?シングルマザー向け対応策まとめ

運動会

子供も親御さんも、とても楽しみな一大イベント!運動会!

しかし、母子家庭のお母さんにとっては、楽しみな反面、色んな悩みも多いのではないでしょうか?

朝早くからのお弁当の作りも大変ですし、場所取りに行くことも考えなくてはいけません。

元旦那は呼ぶべきか?などデリケートな問題まで、考えなくてはいけないことがたくさんですよね。

今回は、そんなお母さんたちの悩みをスッキリ解決して、子供もお母さんも運動会を楽しむことが出来るように、一緒に問題解決していきたいと思います。

シングルマザーが運動会で抱えがちな悩みを抜粋しています!

最後まで読んでいただければ、きっとお役にたてること間違いなしですよ~!

母子家庭(シングルマザー)で運動会のお弁当はどうする?

お弁当

シングルマザーのお母さんたちは、毎日忙しくて大変ですよね。

そんなお母さんには「そうめん弁当」がおススメですよ!

そうめん弁当おススメポイント!

  • 茹でるだけで簡単
  • おにぎりよりもツルツルっと食べやすい
  • 暑い日に食欲わかないときでも冷たいそうめんは最高!
  • 高温対策にもそうめん弁当は最適!

でも、茹でた麺を持っていくのに、伸びない?くっつかない?と心配ですよね。

しっかりポイントをおさえれば、そんな心配もありません!

そうめん弁当作るときのポイントは?

  • 麺が伸びないようにするには、表示時間どおりに茹でること
  • よく洗い、冷やし、水気を切ること
  • 麺つゆは冷凍して持っていく
  • 食べやすいように100均などのカップにフォークでクルクルっと詰めましょう

下記のサイトも参考にしてくださいね!

 

★のびない、くっつかない!ひんやり冷たい「そうめん弁当」のコツ

 

母親が参加できない場合にも、子供だけでも食べやすく手も汚れにくいのでおススメです!

参加できない場合はどうする?

どうしても仕事でいけない!というお母さんもいらっしゃいますよね。

そんな時、お弁当の時間うちの子はひとりで食べるの?と不安になりますね。

でも、大丈夫ですよ!

今は、色々な家庭の事情に配慮して教室で食べる学校や、事前に「お弁当は誰と食べる?」というようなアンケートを取ることもあるようです。

学校の対応が分からない場合は、前もって参加できないことを伝え、どのように対応してもらえるのか確認しておくと安心でしょう。

可能ならば、祖父母にお願いする方法もありますね。

親子ともに仲の良いお友達に、お願いしてもいいかと思います。

ほかの家族と一緒なんて、よけい惨めにならない?と心配になるかもしれませんが、子供は仲の良い友達と一緒だと、逆に寂しい思いを忘れてとても楽しいものです。

実際、運動会に行っても、母親と子供さんだけでお弁当を食べている光景は全く珍しくないですよ。

誰も気にすることはありませんし、まったく気にする必要もないです。

わたしも母子家庭で育ちましたが、それで寂しい思いを感じたことはありませんでしたよ。

母子家庭(シングルマザー)運動会で場所取りはどうする?

お弁当作りもあるし、朝早くから並んで場所取りなんて無理だよ~、どうしよう?とお悩みのお母さんも多いですよね。

この悩みは、「よく見えるよう最前列を取らないと!」と頑張ろうとするから悩むんですよね。

でも、はたして本当にその必要があるのでしょうか?

実際、観戦していても、同じ場所にじっと座って見ることはありません。

子供の居場所や競技によってよく見える場所も変わってきますので、結局はウロウロと移動しながら見ることになります。

ということで...場所取りはそれほど気にかけなくて大丈夫!

仲良しのお母さんが「うちは場所取り行けるから、一緒にいいよ~」と誘ってくれる場合は、それに甘えるのも全然問題ないと思います。

場所取りをするときは、お弁当の時間を考えて決めましょう。

観戦のことばかり考えて場所取りすると、お弁当の時間に直射日光浴びまくりなんてことも...

日陰で穴場な場所が一番ですよ。

母子家庭(シングルマザー)で運動会に元旦那は呼ぶ?

悩む両親

元旦那は呼ぶ?こなくても伝えるべき?

とてもデリケートな問題で難しい問題ですね。

離婚理由にもよりますし...

DVなどが原因の場合は、お母さんもお子さんも顔を見るのもつらい場合もありますからね。

しかし、母親は顔も見たくなくても、子供が父親を慕っている場合はどうでしょうか?

この場合は、子供は自分からその話題に触れることはできませんよね。

でも、本当はお父さんにも来て欲しいなと思っているかもしれません。

お母さんにとってはかなり複雑だと思いますが、ここは、お母さんの気持ちは心の奥にしまって

「お父さんも来れるか聞いてみようか~?」

と、あまりかしこまらずに、本当の気持ちを言いやすい雰囲気で聞いてあげることができればいいですね!

年に一度だけです。

もし我慢できるのであれば呼んであげるのが一番ではないでしょうか?

無理して一緒に観戦する必要はないですし、子供にとっては、唯一の父親ですから。

運動会に参加してもらうことで、離婚してもあなたはこの子たちの父親ですよ!という責任を忘れずにいてもらうことも大事だと思います。

子供の進学や将来のことを話す、いい機会にもなるのではないでしょうか?

お弁当の時間はどうする?

呼ぶのは耐えられるけど、お弁当一緒には無理!と思うお母さんも多いでしょう。

もちろん、一緒に食べることができればそれが一番ですが、無理という場合はふたりで話し合って「お父さん、ちょっと仕事で離れるね」など臨機応変に対応しましょう。

親子競技のときはどうする?

これも、子供の気持ちに応えてあげることができれば一番ですね。

周りの目が気になるところかもしれませんが、別れた旦那さんが参加することも珍しくないですし、今の時代いろんな家庭の形がありますから、本人が気にするほど周囲は気にしていませんよ。

母子家庭(シングルマザー)で運動会に彼氏を呼ぶのはあり?

これは、元旦那を呼ぶことよりもデリケートな問題だと思います。

一番大事なのは、子供とその彼氏との関係性だと思いますが、たとえ子供たちが来て欲しいとなっても、さすがに周りの目が気になるところですね。

もちろん、近々この彼と再婚するということが決まっていて、周囲にも堂々と紹介できる!という場合は問題ないと思います。

その場合は、周囲も聞きにくい問題ですし、後々いろいろと噂をされるよりは、こちらからおもいきって紹介しましょう!

まだ再婚までは考えていない場合は、後々、別れてしまう可能性などもありますし、呼ぶことはやめておいたほうが無難でしょう。

母子家庭(シングルマザー)で運動会の親子競技はどうする?

親子

いまどき、父親競技という名目はほとんどないですよね。

でも、親子競技はお父さんが参加することが多いのでは?と気にしているお母さんも

心配しないで!

お母さんが参加することは、まったく珍しくないですし、父親参加が多くても、そんなこと気にする暇はありません!

参加してしまえば、子供と一緒に競技に熱中して、そんなこと忘れてしまいますから!

子供もお母さんが一緒に参加してくれることが、なにより嬉しいことです。

でも、ふだん運動不足のお母さんは、張り切りすぎて怪我をしないように気を付けましょうね!

参加前に、ストレッチを十分おこないましょう!

参加できないときはどうする?

残念ながら、どうしても参加できないこともありますね。

そんなときは、運動会に参加する仲良しのご家庭や、兄弟やお友達でお願いできるひとがいれば聞いてみましょう。

どうしても見つからない場合は学校に報告し、対応の確認をしておきましょう。

参加できないことを子供にどう伝える?

「お母さんも○○ちゃんの頑張るところ見れなくて、悲しいし残念だよ。」

と、お母さんも参加できなくて、悲しいんだよということをしっかり伝えましょう。

子供が「なんで!なんで!」と駄々をこねても、決して「仕事なんだから仕方ないでしょ!」と言わないように気を付けましょうね。

子供は仕方がないことと理解はできても、気持ちでは「自分のことよりも仕事が大事なんだ!」と思ってしまいますから。

母子家庭(シングルマザー)で運動会に参加できない!寂しい思いをさせない工夫は?

親子

どうしても参加できない場合、できるだけ子供に寂しい思いをさせないようにしたいですね。

実際どうすればいいのでしょうか?考えていきましょう!

母親が参加できない場合も、できるだけ見に行ってもらえる人をさがしましょう。

できれば、祖父母や叔父・叔母など身内で参加できるひとをさがしてみましょう。

子供も、ふだんから愛情を注いでくれる身内が来てくれることが一番嬉しいはずです。

お弁当にメッセージを入れてみましょう。

「頑張れ!」などのメッセージを入れるだけでも、子供はお母さんの気持ちを感じることができ嬉しいですよね。

ふだんから家族ぐるみのお友達をつくっておきましょう。

そのご家族に参加できないことを伝えて、気にかけてもらえるよう声をかけておくといいでしょう。

ふだんから家族ぐるみで付き合っていれば、子供も気を使わないですむと思います。

写真や動画を撮ってもらい、携帯に送ってもらいましょう。

その日の夜は、写真や動画を見ながら子供とたくさん話しましょう。

子供も、頑張った姿をお母さんに見てもらいたいはずですから!

フル参加は無理でも、ほんの少しでも顔を出せる場合は行ってあげましょう!

無理はよくないですが、もし、休み時間などで抜けることが可能であれば、数十分でも顔をだしてあげれば、子供も「忙しいのに来てくれた!」と寂しさも吹き飛びますね!

まとめ

運動会家族

いかがでしたか?

少しでも頑張るお母さんたちの参考になれば幸いです。

では、最後にポイントをまとめます!

 

  • お弁当はどうする?参加できない場合は?

茹でるだけで簡単「そうめん弁当」がおススメ!子供だけでも食べやすいですよ。
参加できない場合は、事前に学校に伝えておき、対応の確認をしておくと安心です。

  • 場所取りはどうする?

最前列を頑張って取る必要はありません。
競技により見やすい場所も変わり、同じ場所でジッと座って見ることはありません。
お弁当のときに食べやすいように、日陰の穴場をさがしましょう。

  • 元旦那は呼ぶべき?

子供の気持ちをまずは確認しましょう。
できるだけ、気持ちを汲み取ってあげれるといいですね。

  • 彼氏を呼ぶのはあり?

彼と子供の関係性や、将来的なこともよく考えて決めましょう。

  • 親子競技はどうする?

気後れせずに参加しましょう!
参加してしまえば競技に夢中になりますし、子供にとってもいい思い出になりますよ。

  • 参加できない場合、子供に寂しい思いをさせないためには?

できれば参加できる、身内をさがしてみましょう。
ふだんから家族ぐるみのお友達がいれば、助かりますね。
写真や動画を携帯に送ってもらい、それを見ながらたくさん子供と話しましょう!

いろいろと悩みは多いと思いますが、子供にとってはお母さんが笑顔でいてくれることが一番です。

あまり思い悩まずに、楽しい運動会になるといいですね!

【こちらも読まれています】

運動会が仕事で重なって行けない!寂しい思いをさせないフォロー法!
最近では共働きしている夫婦や、父子家庭、母子家庭など、様々な家庭形態があり、仕事で重なってしまい、子供の運動会に仕事のせいで行けない親もいるようです。そんな寂しい思いをしている子供にどういったフォローをすればいいのかをまとめてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました